音楽が世界に響き渡る
さ~出発だー!キャラバン隊!
時間を取り戻す旅へ~!
どんな事があっても!

Quotes Photos Chanel Quotes

What is realistic is that
I have no dream at all.
I want to dream

Dream is
It is not to imagine a paradise that does not exist anywhere.

in reality
Just to endure hard,
It’s not a place to give up.

The dream is
Not the opposite of reality.

Living a dream is stupid,
Living in reality
Not a smart choice for adults.

The dream is
You see it in reality.
In other words
Ideal or
The goal
It’s just an unprecedented road.

If you lose your dreams,
If you give up fighting,
Where is the hope?

Where you escaped from reality
In comics and movies
Do you say you have a dream?

Dreaming in reality
Isn’t it living a life?

What is realistic is that Quote photo @ Chanel
free man writing

What is realistic is that Quote photo @ Chanel

Quotes Photos Chanel Quotes What is realistic is thatI have no dream at all.I want to dream Dream isIt is not to imagine a paradise that does not exist anywhere. in realityJust to endure hard,It’s not a place to give up. The dream isNot the opposite of reality. Living a dream is stupid,Living in realityNot a smart choice for adults. The dream isYou see it in reality.In other wordsIdeal orThe goalIt’s just an unprecedented road....

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE
Cambodia

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE

Cambodia and Bali are hot and humid.While always sweating,If you are walking with sandals, you will rub and get sweaty.On this trip, I also had sweat rash on Koruri,It was sober and it seemed tough if it hurt.Muhi didn’t work,Because it is not sold everywhere,Write down the location. If you get sweat rash in Bali and Cambodia,CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE. Even if you apply muhi, it will not even itch,Even if you try baby powder...

The urge to travel is、、Quote photo
free man writing

The urge to travel is、、Quote photo

Replier Agnes Quotes Photos The urge to travel isOne of the hopeful symptoms of life The earth is beautiful.There are countless new worlds yet to be seen.Countless different values, cultures and ways of thinkingA world full of mysteries. Travel is what we have accumulatedThrow it away,The best way to rebuild. In the unknown world, your common sense cannot be communicated.By going to the territory where the power that you have applied can not communicate,What you...

Farewell we lost the light、Quote photo
free man writing

Like a soft hill、、Quote photo

Kissel・Like a soft hill Farewell we lost the lightI dreamLike a soft hillGo with you beyond the point you point Is it the wave of lifeActive period and stagnation periodIt’s obviousThan during the active periodThe stagnation period is longer. What was visible during the active periodLose power,Like a hibernating animalDrop metabolism,Spend quietly with minimal energy. Important time leading to the active periodIn the whirlpoolLight does not reach muchI feel like I am in a dark...

True ignorance and conscientious stupidity, a quote photo
free man writing

True ignorance and conscientious stupidity,Quote photo

Martin Luther King quotes True ignorance and conscientious stupidity,Nothing is dangerous in this world What is happening between humans isWhether it ’s environmental protection or organicWhether it ’s veganWhether it ’s folk medicineWhether it ’s about warmingWhat the world of capitalism can reach nowIt’s about money and politics. Not interested in economic and political flows,As something unrelated to youLiving human beingsThere is no judgment,I don’t have the ability to think. as a result,The easiest and...

Being a human being is a quote photo
free man writing

Being a human being is a quote photo

Saint-Exupéry quote Being a human is very responsible.In front of misery that has nothing to do with meTo know shame. We can show miserable news every day.Passing the sigh, miserable and ugly news. Some areThan human lifeEnd to responsibility transfer,Some areBecause of a virusEveryday depressionI hit people who only have different skin colors,Some areFor small changeScattering news that incites confusion,Some areUsing human misfortune as an attack material,Some areRan to buy and resell,Some areThink only about...

It rains in the sunshine Quotations photo
Quotations photo

It rains in the sunshine Quote photo

cocco・It rains in the sunshine Haiyayo Brilliant rain Haiyayo Fall into the darkness Haiyayo Go up, the swarm star Like my innermost In the darkness of jet black As you fall from your head, It is dark at first, In the dark Time passes. The world is Two times flow in parallel. Soon Overhead With a new world spread Light spreads. Saw you Tree shadow Like dancing sunny spot Locked Piano too Like singing The...

The only thing that can free humans is Quote photo
free man writing

The only thing that can free humans is Quote photo

Quote of Tolstoy Only human reason can make human freedom.Human life isThe more you lose, the more you become crippled. The coronavirus triggeredreveal one’s true character A country that prioritizes money over human life.When people are in trouble,A hungry ghost for resale of masks. Forget helping each other,A family that devours the weak. Misled by superstition,Ignorance that kills even the weaker. Virus triggeredBy skin colorA hypocrite who is openly discriminating. A society that has fallen...

You always lose in calm. You are always hostile in the wild. So discard those two Take the middle path
free man writing

You always lose in calm.Quote photo

Indian proverb You always lose in calm.You are always hostile in the wild.So discard those twoTake the middle path The world is made up ofWhite or black?Right or wrong?Not in such a narrow world,Countless points with laws. When climbing a mountain,As the goal is to climb to the top early,A steep and short climbing courseSuppose you have a slow, long climb. If your goal is to climb fast,I climb a steep course,When you reach the...

You don't have to be yourself.Quote photo
free man writing

You don’t have to be yourself.Quote photo

TARO OKAMOTO Quote You don’t have to be yourself.Rather, think of a way to live like a human. Even if you try to pursue your ownIn a world where others other than yourself liveIt is very difficult to catch yourself. In a sense,Only in complete loneliness unaffectedYou may be caught. More important than finding yourself isThe world you see at allIn people who think differently,Finding a role. The important thing isComes from my beliefsIt’s like...

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE
Cambodia

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE

Cambodia and Bali are hot and humid.While always sweating,If you are walking with sandals, you will rub and get sweaty.On this trip, I also had sweat rash on Koruri,It was sober and it seemed tough if it hurt.Muhi didn’t work,Because it is not sold everywhere,Write down the location. If you get sweat rash in Bali and Cambodia,CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE. Even if you apply muhi, it will not even itch,Even if you try baby powder...

Southeast Asian mosquito measures
Cambodia

Validated! How to protect yourself from the mosquito, the most feared enemy in Southeast ...

The scariest enemies across Southeast Asia are: Not hot, ripp-off, security “mosquito“. (There is not much rip-off and the security is not bad either.) Mosquitoes are familiar in the world, A little bit, it ’s like It’s not that cute because it’s noisy at your ears. They carry a troublesome epidemic. Sometimes life-threatening. I will write more later, Malaria, dengue fever, Japanese encephalitis,  Chikungunya and Zika virus. etc. Then, to protect yourself, “If you want...

Cambodia

Higher than going to archeological sites rip-off tonle sap lake

It’s the first rip-off of my life. I’ve been traveling for more than ten years, I met my first rip-off. Tonle Sap Commercial Law. I’ve been to Cambodia before, Angkor Wat, Benmeria, Banteai Slay, Bayon Temple, Phnom, Phnom, Chrome, etc. All locally arranged motorbike taxis and tuk-tuks, In other Southeast Asia, Thailand, Laos, Indonesia, Vietnam, etc. It is highly blown up in the market, There were times when the meter of the taxi was high...

Smecta that works against viruses in Southeast Asia
Cambodia

Smecta that works against viruses in Southeast Asia

Everyone brings it, and speaking of intestinal medicine, it is Shoromaru. We also made this Bali-Cambodia 40-day trip. I brought it from Japan, but it was not useful. Not so much as going to the hospital, but hygiene, fatigue, heatstroke, viruses Diarrhea due to water, ice, spices, etc. It’s not uncommon. We didn’t go to the hospital. In Cambodia, I had many times with water diarrhea. The shoromaru of the request does not work, When...

How do I do my laundry in sweaty Cambodia?
インドネシアとバリ島

汗だくのカンボジア滞在で洗濯はどうすれば良いのか?

カンボジアは、雨季、乾季に関わらず、毎日汗だくです。毎日のシャワーももちろん必須ですが、せっかく体はきれいになって気持ちがいいのに汗を吸い込んだ服を着るのでは、だいなしです。今回は、カンボジア中心にバリ島を含めた洗濯事情の記事を書いてゆこうと思います。カンボジアでの洗濯の手段は3つあります。1・洗濯屋さんに頼む。2・自分で洗う3・コインランドリーを探す方法です。私達は今回の40日の旅では、始めの1回以外は自分で手洗いです。 1・洗濯屋さんに頼む。 カンボジアには、洗濯屋さんがたくさんあります。1ドルぐらい出せば、結構な量も洗って干してくれます。宿などでも洗濯してくれるところもあります。 洗濯屋さんに出す場合の注意点。 1・洗濯屋さんの使う洗剤は強いものが多く、高価な服はいたみます。 2・乾燥機はあまり出回っていないので、雨季などでは、野外に干すとスコールで濡れる。屋内の場合、なかなか乾かない。 3・洗濯物がなくなる。暇人は宿に下着だけ洗濯に出しましたが、案の定なくなりました。結構適当なので、他のお客さんと洗濯物が混ざることもあるし、洗濯屋さんが道端で洗濯物を干しているのもみるので、目立つものはなくなる可能性があります。 乾季で、だめになっても良いような服を出す場合にはとても便利です。 2・自分で洗うためにはどうすればいいか? 必要なもの 100均でも売っている洗濯紐の穴があるタイプです。穴がないと斜めの場合落ちてくるので面倒です。カンボジアでは、このタイプは2ドルショップでしか見ないので持っていったほうが便利です。洗濯バサミはモールなどでも買えますが、かさばらないので持っていった方が楽です。ハンガーは最近は安宿でもあるところが多いので、持っていかなくても大丈夫です。 服は登山ウェアーがおすすめ。 東南アジアは、登山ウェアーが最適。 登山ウエアーは、東南アジアにとても相性がいいです。洗濯においても、速乾性があるので倍ぐらい早く乾いてくれます。消臭効果のあるものもあるし、軽いので、服を多めに持っていかなくても、エアコンのある部屋の場合は1日で乾く優れ物です。 安宿での使用例 フェンスに引っ掛ける。 窓とタンス。 お風呂の所にハンガーを掛けるところもありますが、あまり乾きません。 バリ島のロスメン(安宿)には、個人スペースがあるので、写真のような置型のハンガーが付いているところが多いです。 3・コインランドリーの場所。 カンボジアにはコインランドリーはあまりありません。洗濯は3ドル。乾燥は10分1ドルで高いですが、乾くのを待ちたくないのであれば、利用する価値があります。cafe併設のものもあります。当然混んでいます。 参考になれば幸いです。

Is Cambodia developing? It depends on here to be taken.
カンボジア

カンボジアが発展するか、 飲み込まれるかはココにかかっている。

昨日はかなりハードな遺跡巡りの1日だったので、今日はoff日である。いや、off日の間に遺跡があるので、遺跡がoff日みたいなもの。あんなに歩いたのに、8時くらいに目が覚めたので、ぐーたらしながら、昨日のウエアーや靴の泥汚れを念入りに落とす。我らのグリーンホームの良いところは、屋根付きの広いバルコニーがあるところ。雨季の時期に洗濯物を外に干せるのは本当にありがたい。 カンボジアの洗濯事情についてはコチラ。 いつもの緑と水色の景色を見ながらタバコをくゆらせて今日はどうするかを考える。2日目に行った、感じの良いメガネcafeあたりは、インターナショナルスクールもある地元ストリートなので、今日はそのあたりに市場調査をしに行くことにした。そこにこの若い国の将来がかかっているのだから。 ワットボーロードから、国道と反対側にまーーすぐ行って、ガソリンスタンドを左に曲がるとスクールストリートだ。スクールストリートには観光客はほとんどいないし、地元のカンボジアの人々で活気がある。スクールストリートには、cafeも多い。それにカンボジアで語学学校に行く場合の候補のオーストラリア資本のaceもこの道沿いで、大学やアメリカンスクールもこの界隈に集中しているので、若い人々や学生が多く、観光客は殆ど見ないのだ。なるほど、だから2日目のメガネcafeはカンボジアなまりの英語ではないきれいな発音で、接客も感じよく衛生的で、トイレも綺麗で、スタッフが集まってスマホを見ながら、喋って仕事をしないなーなーな感じがなかったのだろう。 cafeはちらほらあるが、おしゃれな感じだけれど、地元の人々が利用するようなピンとくるcafeはなかなかない。日本人が出したのだろうか、アニメが看板に書いてある、人気がない入る気がしないオタク系cafeももちろん素通り。中華系のフライドチキン屋には、若者がたむろしている。途中カンボジアの大学があった。次世代の新星が育つかなり大きい大学で、立派な外観だ。メガネcafeも通り過ぎ、そろそろ道が途切れそうな感じの交差点にヌンパンの屋台がテイクアウトように営業していて、地元民のいるcafeがあった。ここがウィズリーcafeだ。 中に若い店員さんが3人程いて、メニューのプレートとガラスケースにパンがある。男の店員さんと目があうと、すかさずどこでも好きな席に座ってと案内される。そしてすかさず、フリーワイファイの番号を渡された。爽やかな笑顔で、カンボジアなまりのない、聞き取りやすい英語。我らは何を頼もうかメニューに目を通すと、外のヌンパンも中で食べられるようなので、coffeeと我らの好物ヌンパンを頼むことにする。再びさっきの店員さんにの方を見ると、すかさず目が合い、オーダーを取りに来てくれた。コンビニやモールののんびりしているだらけ気味の店員と違う。やる気に満ち溢れている。ペラペラ喋れる英語を鼻にかけたような様子もなく、とても感じが良い。ヌンパンは屋台などでは通常2切れ2ドルなのだが、この現代的なcafeでも、ハーフで1ドルの良心的な価格だ。地元民がいるのもうなずける。 ヌンパンも屋台と同じで旨い。coffeeは2ドルでちゃんと旨い。日本のcafeのように急かされることもなく、座り心地の良いソファーでまったり出来る。ワイファイもビュンビュン。小瑠璃と喋りながら、店内を見ていると、みんなキビキビと動いている。掃除も行き届いていて清潔で、窓もピカピカ。トイレももちろんピカピカで、日本のcafeよりも掃除されている。 店内は禁煙なので、手に入れた携帯灰皿で外でタバコを吸っていると、コーヒーの粉の火消しが付いている灰皿をすかさず持ってきてくれて、外の席に座るように椅子までひいてくれる。さっきとは違う女性の店員さんで、こちらもカンボジアなまりのない綺麗な英語で、とても感じが良い。オークン(ありがとう)というとスマイル0円では返ってこないような爽やかな笑顔を返してくれる。日本で、外でタバコを吸っていようが、外の席まで使わせてくれるような店員さんに会ったことはない。マニュアルではないから、出来るのだろう。外の席では、子供も遊んだりしているアットホーム感。暇人が外から去ると、次のお客さんのためにちゃんとテーブルを拭いている。やらされている感じではなく、自然に。 途中パンとcoffeeを追加しながら、2、3時間ゆっくり出来た。ここは学校が運営しているcafeなのだろうか?赤い祭壇もなく、仕事が一区切りすると店員さんたちは、奥の机で勉強している。とても頭も良さそうで、英語もできて、向上心もある。日本はじきにカンボジアに抜かれるだろう。何個かcafeに行って思ったことだが、地元客のいるカフェは3ドルがボーダーのようだ。templecafeも近所のcafeも地元客のいる繁盛しているcafeは、コーヒがだいたい2ドルでパンなどは1ドル前後と安くしてある。templecafeの2階はレストランだが、量はかなり少なめにしてあるが、3ドル前後のメニューが豊富で、地元民に人気だ。これからの狙うべきか客層は、あまり一人行動しない中国人でもなく、英語が喋れず口コミ社会の日本人でもなく、地元のカンボジアの人と欧米人だ。必要なのは、英語とキレイな店内と衛生環境3ドル前後の価格帯なので、儲けを出すには、チェーン店化しないとなかなか難しそうだ。 俄然この界隈に興味が出てきたので、裏路地を通り、インターナショナルスクール界隈を歩くと、地元の小学生から大学生まで溢れかえっていて、久しぶりに子供の元気な声を聞いた気がした。この界隈はどこも若い力で、食堂や屋台や商店が活気がある。途中入った商店はもちろん値段も書いてあって、中心部の半分くらいで文房具などが買える。どこもかしこも、エネルギーで溢れている。カンボジアに来て始めの頃、文房具屋に小瑠璃と行った時、小学生ぐらいの女の子が欧米人とものすごく流暢なペラペライングリッシュで会話をしていたのを見た。この人数の若い力の中から、起業家が出て、カンボジア人発の産業を産み出せるかに今後はかかっている。観光客向けの商売をしている人々は少し疲れ気味の顔をしているが、この界隈はまだまだエネルギッシュなので、期待が持てる。 日が落ちてきたので、このあと、国道線上にある行ったことのない、アンコールMarketに行ってみることにして、久しぶりにまちなかをトゥクで移動する。ネットに書いてあった情報では、屋台などもある感じで、有名な大きなホテル名があってその横だと書いてあったが、ガセ情報だった。 人が良さそうなトゥクのドライバーを見つけて、地図を見せながら、国道線の〇〇ホテルの近くのアンコールMarket知ってる?と聞くと首をひねりながら大丈夫だと言うので、このへんまで幾ら?と聞くと始め5ドルぐらいと言われたが、この前この辺からワットボーまで2ドルで行ったと言うと、2ドルで了承してくれた。地図を見せたのだけれど、地図が読めないのだろうか、それも一番わかり易いエアポートロード上なのにいきなり違う方面にトゥクが向かうので、急いでトゥクをとめて、この道じゃなくて国道だと軌道修正して、やっと国道を走るが、ホテルを知らないらしく、キョロキョロと低速で周りを見ているので、地図を見せながら、現在地とホテルの場所を説明するが、途中で止まって仲間から場所を聞いて出発するも、地図が読めないらしく、場所があまりわからないようで、相変わらずの低速でトゥクはゆく。やっと着いておろしてもらった。思いのほか遠かったので、2ドルは安かったのだろう。降りたホテルは合っているが、この界隈にモールは無い。途中それらしいモールを見た気がしたところまで、アホみたいに結局歩く。知ったかぶり情報はあてにならない。 やっと着いたが屋台がない。まったくない。やはり知ったか情報は当てにならない。国道には中国系の店が多いので、このモールは団体客のお土産を買う場所であり、ここに住んでいる人向けのモールなので、商売用の皿や文房具などの日用品が2階にあり、めぼしいものはない。1階には、生鮮があるのが特徴で、魚介類も豊富だが、その他はラッキーモールであるようなものなので、買うものはない。お客さんもほとんど中国人だけだ。お土産コーナーが玄関口に有り、カシューナッツが同じパッケージで、安く売っていたが、よく見ると量を減らしてあって、空気がパンパンに入っている典型的な日本のしれっと量を減らす手口と一緒。店員さんがものすごく多いが、2階は雑然としていて整理もしていないし、1階では、スマホ片手にしゃべっているので、仕事をしているのはレジぐらい。やる気がない。あまりに買うものがないので、小瑠璃が手鏡を買うも、不良品でレジの時に店員が鏡を持つと鏡が外れた。何故かのんびりと無線でどこかに喋っているし、中身を勝手に開けて何を言うでもなく、ブスーとした顔で、無線に何かを喋っている。もうひとりの店員が来るが、どこのコーナーかがわからないらしく、あからさまなため息で、鏡をどこかに持っていゆく。隣のレジでは、欧米人が何かを返品に来ていて文句を言っているが、店員はそれ以上に不愉快そうな顔を崩さない。10分ぐらいたったのだろうか、やっと鏡が登場してブスーとお会計。顔には、こんなもん買いやがってと書いてあるようだった。感じが物凄く悪いし、ここで働いている店員はみんなつまらなそうで、ウィズリーcafeの店員さんとぜんぜん違う。 結構遅くなったので、国道線沿いの入ったことのない食堂に入ってみた。いつも行っている食堂と違う。お客さんもいるのだが、料理が出てくるのにもかなり時間がかかって、店員さんはなんだかつまらなさそうにダラダラ働いている印象で、味も普通なのでした。いつも行っているカンボジアの食堂は、すぐに出てきて美味しいし、感じも良いのは、奥に赤い祭壇が光っていないからであろう。templecafeもウィズリーcafeもいい感じのところには、赤い祭壇がないのだ。カンボジアの食堂やcafeをはじめ、ほとんどに赤い祭壇があるのだから、これから本当の意味で発展するか、飲み込まれるかは、スクールストリートの若き新星にかかっているのだろう。外資による外資のための、急速な経済発展ではなく、カンボジア人が豊かに暮らせる社会の発展を切に願うばかりだ。国道の店は欧米人もよりつかず、ガラガラな店ばかりなので、一見空港近から絶対通る道で、良さそうに見えるが、中心街へはトゥクなどを使わなければ出られないので、歩く人間がいないのも当然で、そもそも空港沿いの中心街から離れて宿をとる必要性がない。なのに店と高級ホテルが立ち並ぶ、投資をする人たち向けの道になっている印象だ。このやり方は既に限界を超えてるのだから、自国産業を発展させる道を探ってほしいものだ。

What is realistic is that Quote photo @ Chanel
free man writing

What is realistic is that Quote photo @ Chanel

Quotes Photos Chanel Quotes What is realistic is thatI have no dream at all.I want to dream Dream isIt is not to imagine a paradise that does not exist anywhere. in realityJust to endure hard,It’s not a place to give up. The dream isNot the opposite of reality. Living a dream is stupid,Living in realityNot a smart choice for adults. The dream isYou see it in reality.In other wordsIdeal orThe goalIt’s just an unprecedented road....

What is realistic is that Quote photo @ Chanel
暇人の書き物

現実的であることは、 名言写真 シャネル

Chanel氏の格言 現実的であることは、 ちっとも夢がないじゃない の。わたしは夢を見ていたいのよ。 What is realistic is that I have no dream at all. I want to dream 夢は どこにもない楽園を思い描くことではない。 現実は 辛く耐えしのぐだけでも、 諦める口実にする場所でもない。 夢は、 現実の対極ではない。 夢を生きることが愚かで、 現実を生きることが 大人の賢い選択ではない。 夢は、 現実で見るものだ。 言い換えれば 理想や 目標であって、 ただ前例のない道というだけだ。 夢を失えば、 戦うことを諦めれば、 希望はどこにあるのだろうか? 現実逃避した先に 漫画や映画の中に 夢があると言うのだろうか? 現実の中で夢を見るのが 人生を生きることではないのだろうか? アドビストックで、写真を販売しています。 良かったら見て頂けると、嬉しいです。

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE
Cambodia

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE

Cambodia and Bali are hot and humid.While always sweating,If you are walking with sandals, you will rub and get sweaty.On this trip, I also had sweat rash on Koruri,It was sober and it seemed tough if it hurt.Muhi didn’t work,Because it is not sold everywhere,Write down the location. If you get sweat rash in Bali and Cambodia,CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE. Even if you apply muhi, it will not even itch,Even if you try baby powder...

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE
インドネシアとバリ島お役立ち情報

カンボジアとバリで汗疹ができたらCALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE

カンボジアやバリ島は、高温多湿です。 常に汗をかいている状態で、 サンダルなどで歩いていると擦れて、汗疹になったりします。 今回の旅で小瑠璃にも汗疹ができて、 地味に痒いし、痛いと結構大変そうでした。 ムヒは効かなかったし、 どこでも売っているわけではないので、 場所も合わせて書いておきます。 バリとカンボジアで汗疹になったら、 CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINEです。 ムヒを塗っても痒みすらもひかず、 ベビーパウダーなども試しても効かず、 見つけたのが、インドネシアで作られている CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE 伸びもよく、すぐに乾燥する優れもの。 痒みもひいたようです。 コレを塗っては、大量に汗をかきながら毎日歩いていましたが、 ちゃんと治りました。 ただ、どこの薬局でも売っているわけではないので、 数軒の薬局に行って、やっと見つけました。 値段は2ドル50です。 汗疹は地味~につらそうなので、 お役に立てれば、幸いです。

Chicken wings and coconut vinegar curry
多国籍料理レシピ

手羽先とココナッツビネガーのcurryのレシピ

カレーというと酸味のイメージがあまりないかもしれませんが、カレーと酸味は相性抜群です。今回は、冷蔵庫にあった手羽先とココナッツビネガーを使ったカレーのレシピです。ほんとに旨いですよ。 材料 手羽先・(10本ほど) 玉ねぎ・2玉 大根・3分の1 人参・1本 キャベツ3分の1 ココナッツビネガー・大さじ1 クミン・大さじ2 コリアンダー・大さじ2 ターメリック・大さじ1 生姜・大さじ1 ヒング(無くても可)・2つまみ アジョワン(無くても可)・小さじ半分 醤油・少々 塩胡椒・適量 水・350cc 片栗粉・大さじ2 油・適量 レンズ豆(無くても可)・100g 1・スパイスを混ぜておく 後で手間取らないように、ターメリック・生姜・クミン・コリアンダー・アジョワンを皿に出しておきます。 2・手羽先に下味をつける。 保存用ビニール袋などに、醤油・片栗粉・塩を入れて、揉み込んでおきます。つけ置き時間は特にありません。 3・野菜を切る。 切り方は、適当です。玉ねぎは薄めに切り、大根は4等分、キャベツはざく切り。人参は皮を剥いて、すりおろしておきます。 熱したフライパンや鍋に油をひいて、玉ねぎと大根と人参のすりおろしを入れて、玉ねぎが飴色になり、水分が完全に飛ぶまで、しつこく炒めます。 水分が完全にとんだら、手羽先を入れて表面を焼いていきます。 火を弱火にして、皿に出しておいたスパイスとヒングをいれ、焦がさないように、香りが立つまで炒めます。 スパイスが焦げないうちに、水を入れ、醤油・塩・ココナッツビネガー・レンズ豆を入れます。 最後にキャベツを入れて、蓋をしてとろ火で、40分以上煮込みます。(スパイスは焦げやすいので10分に1回は混ぜてください。) 最後に胡椒をふりかけ、塩で味の調整をすれば、、、 完成です。

The urge to travel is、、Quote photo
free man writing

The urge to travel is、、Quote photo

Replier Agnes Quotes Photos The urge to travel isOne of the hopeful symptoms of life The earth is beautiful.There are countless new worlds yet to be seen.Countless different values, cultures and ways of thinkingA world full of mysteries. Travel is what we have accumulatedThrow it away,The best way to rebuild. In the unknown world, your common sense cannot be communicated.By going to the territory where the power that you have applied can not communicate,What you...

The urge to travel is、、Quote photo
暇人の書き物

旅への衝動は、、格言写真

アグネス レプリア氏の格言 旅への衝動は、人生の希望に満ちた症状の1つである。 The urge to travel isOne of the hopeful symptoms of life 地球は美しい。まだ見ぬ新しい世界は無数にある。違う価値観、文化、考え方も無数で謎に満ちた世界。 旅は今まで蓄積したものを一度捨てて、再構築するのに最適な方法。 未知の世界では自分の常識は通じない。自分のこれまで付けた力が通じない領域へ行くことで、出来ることと、出来ないことがわかり、必要なものと、必要でないものが見えてくる。 現実の中で理想を追い求め、世界を広げ、死ぬまでの時間を考える時、考え、足を止めている時間はそれ程残されていない。 本当に生きているのなら、革新を続けるしかない。 アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見て頂けると、嬉しいです。

カンボジア

タケオゲストハウスはどうなのか?実際に泊まってみて分かった事・思った事 ①

カンボジアのシェムリアップにある、 タケオゲストハウスに泊まってきました。 出発前、日本から予約をして行ったタケオゲストハウス。 HPから予約をする時に、 トゥクトゥクのピックアップ(お迎え)も頼みました。 空港のゲートを出ると あこがれの、あの空港の出待ちのこちらですよーの紙が。 ちょっと心がふるえました。ウオォ あのあれのやつだヨォォ(もり上がる思い) 暇さんはタバコがやっとやっと吸えたので、生き返りました。 私はタバコは吸わないけれど、 甘いものとかパンとかやめられない派です。 だから気持ちは分かる気がするのですよ。至福の時はそれぞれなのだ   初トゥクトゥク☆ おぉーこれがうわさのトゥクトゥク! 窓もドアもないトゥクトゥクは、 やわらかい風の中をくぐって走るので、とても心地がいい。       あっえっ こ ここ・・・? トゥクトゥクのおじちゃんにお礼を言ってピックアップ代をお支払い。 (ちなみに夜の空港ピックアップ料金は5ドルです。) タケオゲストハウスはもう消灯のもよう。ナイトナイトしてる。 薄暗い中、いや、薄濃暗い中(⁉)受付けへ。 見渡すと、カンボジア人のスタッフや暇さん、 壁、机、蚊帳、とりあえず色んなものが青白く見えるので 最初疲れて目がおかしくなったのかと思いました。違いました(笑) 電気の色事情でした。フー良かった ●ホットシャワーとエアコン付きのツインルーム 一泊12ドル。 5日分前払いということなので、 60ドルをお支払い。フムフム 前払い制なのね ※ここのやり取りは主に日本語ではなく、英語でした。   (トゥクトゥクのおじちゃんにいたっては全英語でした。←でも目で通じる。) 言葉が分からない時、お互い目会話が発動されるのはおもしろいです。 やるなー人間! なんか地球の歩き方と違う・・・ 長袖長ズボンの上から刺されまくりました。どんだけ~ もうムヒをヌリヌリスのヌリヌリスです!   つづく

Walking around the best archeological sites of Cambodia, Preiacan-Ta Prohm East Mebon Banteay Kudi Taprom
カンボジア

カンボジアbest遺跡群大プリアカン~タプロームを歩く東メボン・バンテアイクディ・タプローム

1・プリアカン 2・ニャクポアンとタソム ダラダラダラ~。汗が止まらない。ポーからもらった水も飲み干し、プリアカン~タップロームルートの半分を歩いた所で、時間的に14時にタ・プロームにたどり着くのは困難だ。そこでトゥクを拾おうとあたりを見るが、こんなところに歩きでくるタコはいない。歩きで来るタコがいないということは、どのトゥクも既にお客さんと来たトゥクで、流しはいないのだ。あ~あ。 登山ウェアーについては。 仕方ないので、歩くことにする。歩いていればトゥクも見つかるだろう。それにしても今日はこれまでを取り戻すように晴れているので、暑い。登山ウェアーでなければ、服もビシャビシャだろう。登山ウェアーでも汗の排出量よりも汗が上回って、少し湿っているぐらいなのだから。数キロ歩いた所でキキー。後ろから走って来た1台のトゥクのドライバーが話しかけてくる。何で歩いてるの?一緒に乗ってく?後ろに乗っているのも日本人だし、乗っていったほうが楽しいよー!と。後ろには、1人で来た女性が乗っていて、良いですかー?と聞くと快く旅の道連れの許可が降りた。いい人で良かった。しかもトゥクのドライバーはいい人で、クーラーボックスをのせていて、冷えた水を我らにどんどんくれる。熱射病になりかけていたので、本当に美味かった。話を聞いてみると、一人で急に思い立ってカンボジアに来たとのことだ。3日間の旅で、この雨季のピークで一番の天気の今日来れるなんて、なんて運がいいのだろう。毎回しこたま歩いたあと、タクシーやバスなんかに乗ると思うが、文明の利器に乗ると数キロなど一瞬の出来事で、そして異常に楽なのだ。歩けば40分くらいかかりそうな距離も一瞬の出来事で、東メボンに到着した。 東メボンに降り立つと、ありそうでない、象の像があるではないか!それもカンボジアのぱっきりとした空を背景に。カンボジアの遺跡の中では象のテラスが有名だが、象の像はコチラの象の像の方が立派でいい感じだ。 全然知らなかったが、東メボンは階段の上にある。階段の上に登れば登るほど、迫力のある空が近くなってゆく。 天空の寺院のような所で、そらが目の前で眺めも最高だ。本当に気持ちがいい風と空間。彫刻も美しく、各塔は、何だか火葬場のような気がした。 トゥクに乗り込み、バイヨン寺院でも写真詐欺があるらしく、何と50ドル近くをとられた話などを聞きながら、すぐ隣のプレ・ループに降り立つ。とても東メボンとにているのだけれど、知名度はコチラのほうが高い。 結構な傾斜を登ると、コチラも天空の城の様なところだ。プレ・ループには象の像はいないが、獅子がいる。そして素晴らしい眺めが。 彫刻や、建築は東メボンのほうが美しいが、この眺めを見るだけでも来る価値がある。神話の中の天空の城に来ている感覚を味わえる。天に近い分陽射しが強烈なので、熱射病にはご注意を。 有名なバンテアイスレイと似た作りのヒンドゥー寺院が隣のバンテアイ・クディだ。あまりの汗をかいていたのでこの頃には、頭は既にクーラーの効いたcafeで一服することに思いを馳せていたので、あまり覚えていない。後にゆくバンテアイスレイと比べると、かなり見劣りするので、行かなくても良いかもしれない。 そして、バンテアイ・クディにももちろん押し売りが多数いるので、とにかくウザい。我らはポーとの待ち合わせもあったので、まきでタ・プロームを目指してもらって、何とか間に合った。タ・プロームは、他の遺跡とは全然違って観光客でごった返している。トゥクに拾ってもらわなければ、間に合わなかっただろうが、いつも何だかんだこんな感じで間に合うのだから旅は面白い。無事ポート合流できて、今着いたから、延長でタップロームを見て来ていい?ときくと、ポーも行ってきたら良いと1時間無料で延長してくれたので、いざ、タ・プロームへ。 前回の旅では、行きたかった気持ちもあるけれど、何でか行かなかったタ・プロームへやっとこれた。よく写真で見る大樹が遺跡を飲み込んでいる写真を見ていたが、あの樹以外にも、タ・プローム寺院にはゴロゴロバカでかい樹が生えている。日本の名のある大樹でもここまでデカくない。中の樹は更にデカイのだろうか? ばーん。写真で見る感覚とやっぱり目の前で見る大樹は全然ちがう。圧倒的にデカイ。こんな大樹はオーストラリアでも見たことがない。いちばん有名な樹の前では渋滞していて、観光客が入れ代わり立ち代わり写真を撮っているので、ゆっくりと浸ることができないのが残念なほど、圧倒的だ。これはバオバブの木なのだろうか?ツルッと感が似ている。 タップロームは、このあまりに強い生命力に圧倒され、各地で建物がなぎ倒されている。 美しいレリーフももちろんなぎ倒され、人間は重機を使って、改修中だが時間の問題だろう。改修工事は現代的な分美しくない。 しかも、この爆発的な大樹の成長は、タ・プローム各地で起こっている。有名な樹以外も圧倒的で、遺跡をどんどん飲み込んでゆく。ジャッキなどで何とか抑えているが、全てをなぎ倒すのは時間の問題だろう。 全てを樹がなぎ倒し、人間がここを観光地とすることを諦め、自然に遺跡が帰った頃、この遺跡は完成するのかもしれない。きっとその姿は、想像を超えるくらい美しいことだろう。 タ・プロームはこの寺院一つでかなり広大なようで、1時間では回りきれなかった。そして、我らの体力は暑さで尽きかけているので、大樹よりもクーラーの効いた部屋でのcafeタイムを求めている。トゥクのドライバーに心ばかりのチップを払って、女性にもお礼を言って、我らはカンボジアのオアシスtemplecafeへとひた走る。ポーとも別れを告げて。 今日は野外ではなく、クーラーの効いている上に行ってみた。2階もおしゃれで、いい感じなのだが、予約で一杯で、ソファー席には座れなかったのが残念だが、クーラーが心地良い。coffeeとパンを頼むと2階席はなぜか、ナイフとフォーク付きでパンが運ばれてきた。パンも旨いし、居心地も良いtemplecafeはやっぱりオアシスだ。 日頃かなり歩いているせいか、疲れもまーまーで、熱射病にもならずにすんだ。夜はワッとボー近くの食堂で軽く済ませて、帰路につく。 飯はまーまーだったけれど、プリカン~タップロームの変化に富んだ、美しい森の遺跡を徒歩でゆっくり見れた1日は、完璧に近い。後にも先にも、カンボジアの遺跡群のなかでbestはこのルートだ。そして、まだこのルートで行っていない遺跡も結構あるので、それはいつかのお楽しみ。やはり、カンボジアの森の遺跡は本当に美しい。

Walking around the best archeological sites of Cambodia, Priakan-Taprom. Nyakpoang Tasom
カンボジア

カンボジアbest遺跡群大プリアカン~タプロームを歩く。 ニャックポアン・タソム編

大プリアカンについては。 完璧な遺跡プリアカンの出口付近の大樹の写真を撮っていると、姉妹が近づいてくる。手にはお土産をぶら下げて。もちろんタダではない売り物だ。どれもどこにでも売っている、おなじみのやつ。せっかくの気持ちにまたも水をさされながら、出口にゆくと罠のようにお土産を売りつけようと子供や大人が群がってくる。アンコールワットもそうだったが、遺跡が更に商売の場とかしてきているので、カンボジアの観光客は減っているのだろう。 しつこい物売りを振り払っているうちに、出口付近の遺跡には行けなかった。そこを通り過ぎると、シェムリアップ川に出る。乾季の時の森も雨季になると沈むようで、幻想的な光景が広がるが、浸る時間も物売りに邪魔をされる。 レンジャーらしき人に道を聞いて歩き出すと、薪を自転車に積んだ兄弟が駆け抜けてゆく。さっきの物売りの死んだような擦れた顔とは違い、顔も生き生きしている。収入はきっと、物売りのほうが良いのだろうが、長い目で見たら、これからカンボジアの希望になる子供たちは、ボッタクリで稼ぐ子供ではなくて、そんなものに流されない子供のなのだろう。物売りの子供は、トレンサップにいた連中と同じ様な表情をしているので、近いうちに誰にも相手にされなくなるのだろう。 やっと物売りから離れ、木漏れ日のなかののどかな道を歩く。何だか、とても幸福な気持ちだ。突き当りに遺跡用のトイレがあった。綺麗に舗装されて、係員もいるけれども、先客は1組だけなので、女性だけの場合は、気をつけたほうが良いかもしれない。トイレもきれいな方で、問題なし。 遺跡を含めた、キレイなトイレマップはこちら。 トイレの中は自然がいっぱいと言うより、自然の中で、鶏がそこかしこに居て、かわいい子猫もいる。狂犬病の心配がなければ、遊びたいところだが、眺めるだけにしておいた。それにしても、猫も鳥ものびのびしていて、楽しそうだ。 アスファルトの国道をひたすら歩く。緑もいっぱいで、木漏れ日も綺麗で、横にはシェムリアップ川の幻想的な風景が面白く、歩いていても疲れを感じない。程なくしてニャックポアン遺跡の前につくと、そこもお土産Market道で、ため息一つ。良かったのは、そこでカンボジアの楽器を演奏している人々がいたことだ。美しく牧歌的な音楽と、シェムリアップ川の造形がマッチしていて、気持ちがいい。いい感じの木でできた桟橋を渡っているときにも音楽が聞こえてきて最高。 ニャックポアンは少しはメジャーなのか、時間のせいかちらほら人がいる。橋を渡って遺跡が見えてくるシチュエーションは、テンションが上がる。 ニャックポアン遺跡は、水瓶で水の中に浮いている、幻想的な遺跡だ。作りも見たことのない感じで、森と空ととても調和している。 そして気になるのが、謎の動物。 よく見ると動物に何かを人間が積み込んでいる。大胆な補修中なので、ここが動物の定位置なのか、もっと複数体いると祭壇のように見えるのかもしれないが、目の前にあるのは、謎の光景。何だかコミカルで良い。 水自体も美しく花が咲き、子どもたちが遊ぶ。 今日は炎天下だ。流石に遺跡も広く、既に5、6km歩いているので、汗が吹き出す。でもあんまり人がいなくて気持ちがいいので、持ってきたカリンバを弾きながら歩く。平和な音と、緑、木漏れ日、たまにすれ違うトゥク、自転車でここまで来て、観光しているヨーロピアン。そんな平和な風景とカリンバがとても調和して、風景にこだまする。 途中タソムの看板を通り過ぎ、そこから、1.3km程行くとちょっとした商店があって、美しい4面の門が現れる。優しい表情のバイヨンの微笑みのよう。 あらあらどうして、門も良かったが、小ぢんまりして美しい遺跡だ。かなり破損が激しく、ガタガタだが、そのぶん緑が遺跡に着生していて美しい。 中に入ってみると、人懐っこいかわいい猫がお出迎え。わてらは、猫にあげられそうな飯を持っていないので、もってないよーと何度も言ったのだけれど、甘えたようにすり寄ってくる。カンボジアには、遺跡住まいの猫が多い。 なかな見どころの多い遺跡だが、一番のおすすめは、この見事な大樹である。日本にいるときにも大樹を撮りに回っていたので、結構な大樹通なのだが、この木はその中でもbest3に入る。生命力が豊かで、生き生きしていて優しい樹だ。この樹に会いに行くだけでも価値がある。 裏手に行くと、又違う4面相の見ごとな門と、樹にほぼ侵食されて一体化している、仏像が幻想的なのだが、ここにも物売りの巣窟があって、せっかくの良い時間に水をさしてくる。感動とげんなりのサンドイッチがここいら辺の飴と鞭なのだろうか?そろそろ鞭はいらない。 つづく。 3・東メボン~タプローム

Walking around the best archeological sites of Cambodia, Priakan-Taprom.
カンボジア

カンボジアbest遺跡群大プリアカン~タプロームを歩く・1プリアカン編

写真が多いので、遺跡別に書いていこうと思います。昨日のアンコールワットに続いて、今日も早朝からアンコールワットの朝日を見て、徒歩でプリアカン~タプロームをまわる1日です。昨日連れて行ってくれた、トゥクのドライバーのポーに今日も頼んであるので、真っ暗闇の中我らは起き出して、玄関でポーを待っていようと早朝5時5分前に降りてゆくと、さすがのポーはもう到着していた。逸る気持ちを抑えて、朝日を見られることを祈りながらトゥクに乗り込む。 早朝の爽やかな風が気持ちいい。観光地のシェムリアップは日が昇る前から賑やかだ。みんなアンコールワットの朝日を見たいのだろう、色んなトゥクに乗った旅行者とすれ違う。チケットを確認する検問もちゃんと起きている。ツアーバスなども次々に広場にあつまり、早朝からたくさんい人がいる。ここまで15分くらいでこれたけれど、空は既に白み始めている。ポーと待ち合わせをして、ベストポジションをとるべく、小瑠璃とヘッドライト片手に足早に池の方へ向かう。アンコールワットの朝日の撮影は池越しで撮るポイントが2箇所あって、左側が一番いい。(太陽が見えて、ヤシの木がない。)昨日見たところ、左はなぜかブルーシートがかかっていて、入れなさそうなので、今回は右側を目指す。既に結構な人がいたけれど、前列を確保できた。空には厚い雲がかかっているが、見られるだろうか?前回カンボジアに来て朝日を撮影しにいっていた時の思い出が蘇る。 やっぱり雨季のピークに朝日を見るのは難しい。キレそうでキレない雲がしぶとくて、太陽自体を見ることはできなかった。それでも、静けさの中浮かび上がるアンコールワットは美しい。 ポーにプリアカン~タプロームまで歩こうと思うと言うと、無理だよーと驚いた様子。小瑠璃もえ?って顔をしているが、暇人の旅は、歩くのが基本なので、10km以上歩くのは珍しくない。疲れたら、トゥクを探せばいいし、歩いたほうが自由で、ゆっくりと時間を楽しめる。小瑠璃も腹をくくり、6時30分から歩いて、14時00タプロームに待ち合わせの約束をして、プリアカンの前でおろしてもらう。ポーが今日は楽を出来るせいか、水とヌンボン(ワッフル)をくれた。外はカリッとしていて、中はしっとりでうまい。 プリアカンは7時に開くので、目の前のcafeに入ってcoffeeをすする。カンボジアスタイルのcoffee(1.5ドル)で少し粉っぽいけど、天気がいいので、とてもいい気分だ。cafeの中には可愛い猫がいて、心を和ましてくれる。入り口にいるツーリストは1組だけで、掃除をする人と、多数の犬。犬と遊ぶ少年を見ながら時は過ぎてゆく。ここのカフェメニューは、観光値段(6ドル前後)で食べる気がしないが、こんなこともあろうかと、前日パンを買って朝食べてきたので大丈夫。 朝日がとても綺麗で、人の気配もない。美しく朽ちている石像。戦いの後なのか、石像は首が飛ばされている。 入口は橋になっていて、流木と青空、澄んだ水、奥に広がる熱帯の森。本当に美しく、贅沢な時間。完璧な世界。 壁面のガルーダがプリアカンを守っている。なんて時間だ。イメージしていた森な中の遺跡が完璧に目の前にある。前回のカンボジアの旅も合わせて、この時点でプリアカン遺跡はbestだと思う。 遺跡のEntranceも経年変化が進み、柱は倒れ、瓦礫が散乱していて、レリーフには苔が生えている。朽ちることで、周りの森と調和していて美しい。 入り口の左付近には、資料館なのか謎の建物があって、その奥には、荷車や鍋などがあって、花が咲き乱れ、蝶が舞う。 誰もいない。雑音もない。あるのは自然と木漏れ日。本当に時を超えたような錯覚を覚える。 木漏れ日が踊り、風が舞う道を歩いてゆくと神殿の入口のような所へ出る。衛兵の首は飛ばされているが、しっかりとこの地を守っているようだ。 プリアカンは、他のメジャー遺跡のように、大規模改修をされていないので、時を感じられる。 陰影と緑の世界。 レリーフも華美ではなく、牧歌的で美しい。 モチーフも神々ではなく、人や動物。 石のズレや割れ目が、人の手で作っていたことを物語る。 遺跡の中には少し人がいて、レンジャーらしきおっちゃんが、写真を撮ってくれるという。色んな所で、撮ってくれるので、あーこいつは後で金を請求してくれるパターンだと思いながら、成り行きを見る。案の定チップをくれと言ってきたので、2000レアル(60円ほど)を渡すともっとくれというので、no no no~と言って追い返した。こんな素晴らしいところにも金を掠め取ろうとしようとするバカはいる。因みに写真はすべてピンぼけ。 よく見ると、色んな所でレンジャーみたいなカッコの奴らが、観光客から金を掠め取ろうとしている。 水をさされたが、気を取り直して。プリアカン付近には、大樹が多い。あまりに生命力が強くて、遺跡をなぎ倒してゆく。そんな光景も美しい。 アプサラダンスの舞台と彫刻。本物のアプサラダンスをここで見られたら、どんなに美しいだろう。 2時間くらいいた気がするが、とても美しく見ごたえのある遺跡だった。やはりここが、best遺跡だ。 つづく。 次の遺跡はニャックポアンとタソム

Is Face Shield Effective for Spray Infection?
暇人のお気に入りのもの

飛沫感染にフェイスシールドは有効か?

相変わらずコロナウイルスの収束は見えず、我が国はどこよりも無関心で、他人事です。国だけでなく、こんな時にマラソンなんて正気とは思えません。こんな状況で流行らないのならば、奇跡だと思います。もしも、日本でコロナが武漢のように流行れば、中国のように強引に封鎖・会社や工場の休業・隔離・休校などの手は打てず、まともな伝染病に特化した施設もないようなので、いざ流行れば、いつも災害が起こるたびに繰り返される、民間だよりと、自宅待機のみです。(財産の差し押さえは真似をするかもしれません)病院も今ですら病床がないのに、患者が増えたらどこへいけというのでしょうか?突貫工事で病院をつくるれるとも思えません。わかりきっていたことですが、第2の感染国になり、検査すらも受けられない始末。どのくらいの人が既に感染しているかすらわからない状況なので、自己防衛のために買ったのが、グラスシールド(フェイスシールド)です。コロナは現在のところ、変異しない限り、空気感染は起きていないようなので、飛沫感染対策です。 飛沫感染と空気感染と接触感染 エアロゾル感染などと、またややこしい言葉を持ち出してアクセス数がほしいのだろうか?そんなのは置いておいて、通常の「飛沫感染」「空気感染」の違いは、飛沫感染は、感染者の咳やくしゃみなどを自分の粘膜に浴びて感染します。(水分がある状態)対して、空気感染は、水分を無くした状態でも、空気中に舞い、それを吸い込むなどして感染します。(つばなどの水分がなくても舞っている状態)コロナウイルスは今の所、大きいため、空気中に漂う前に落下すると考えられているので、注意すべきは飛沫感染。この飛沫感染と合わせて注意したいのが、接触感染。感染者が口や鼻を触るなどして手にウイルスが付着、その手で触った物を手すりやドアノブなどを介し他者が触れ、その手で自分の口や鼻を触って起きるのが、接触感染。 通常の予防対策はこちら。 フェイスシールドは有効か? 免疫力が高く保もたれていれば、粘膜以外の場所にウイルスが付いても、感染しないようなので、免疫力を高く保つのが一番。第2は、手洗い、うがい、消毒。ここまでは、よく書いてあることだが、さらに飛沫感染対策のために買ったのが、フェイスガードです。体で粘膜が露出している部分は、顔に集中しています。目・鼻・口を守れれば、飛沫感染には効果があると個人的には思います。湾曲しているシールドで、咳やこれから多くなるくしゃみ、それと人と話す時のつばなども粘膜に浴びなければ、後は、接触感染の予防に消毒と手洗いを徹底すれば、今までにでている情報があっていて、ウイルスが変異しなければ、有効かと思います。※あくまで、私の考えなので参考までに。実行する場合は自己責任でお願いします。 免疫力を高めるのは。

Farewell we lost the light、Quote photo
free man writing

Like a soft hill、、Quote photo

Kissel・Like a soft hill Farewell we lost the lightI dreamLike a soft hillGo with you beyond the point you point Is it the wave of lifeActive period and stagnation periodIt’s obviousThan during the active periodThe stagnation period is longer. What was visible during the active periodLose power,Like a hibernating animalDrop metabolism,Spend quietly with minimal energy. Important time leading to the active periodIn the whirlpoolLight does not reach muchI feel like I am in a dark...

Farewell we lost the light、Quote photo
暇人の書き物

柔らかな丘、、格言写真

キセル・柔らかな丘より さらば僕ら光を失くしたまま 夢は見ている柔らかな丘の様指差すその先を君と行く Farewell we lost the lightI dreamLike a soft hillGo with you beyond the point you point 人生の波のなかの活動期と停滞期あたりまえだけど活動期よりも停滞期のほうが長い。 活動期には見えていたものも力をなくし、冬眠する動物のように代謝を落として、ひっそりと最低限のエネルギーの中で過ごす。 活動期へ繋がる大切な時間も渦中では光のあまり届かない薄暗い場所にいるような気持ちになる。 無理に明るくしようとしても無駄なので、そっと内へ内へと潜ってみたほうが良い。 光とは逆の方向に潜る時に大切なのは、希望を持っていくこと。停滞期を抜けて再び現実の世界に戻ってくるとを誓うこと。 現実の中で夢を見れなくなったら真っ暗闇。 希望があるのならば、光がなくなることはない。夜は明け、春は来る。 柔らかな丘 長い夜を渉ります 悲しみに傘開いて転んだ先の君の顔 大きな声で笑い出す さらば僕ら光を失くしたまま 夢は見ている柔らかな丘の様 指差すその先を君と行く 暗い秘密を教えます 胸に沈んだ花の色繰り返して錆ついて ひとつでもいいと探してる さらば僕らは闇を抱えたまま 眠りについた雨降りの穴の様 響く声は君に届けたい 光刺す部屋の中テレビの中何処にもないよ僕の吐く溜息は君の吐く煙になった さらば僕ら光を失くしたまま夢は見ている柔らかな丘の様指差すその先を君と行く https://www.youtube.com/watch?v=j6AB_tgZHGk アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見て頂けると嬉しいです。

Angkor Wat at the peak of the rainy season
カンボジア

雨季のピークのアンコールワット・移住下見の40日の旅

昨日は、めぼしいトゥクが見つからなかったので、今日は速攻で信用できそうなトゥクを探して、そのままアンコールワットへと向かうのです。いつものようにトゥク!トゥク!とおっちゃんたちに声をかけられるが、ピンとくる人相の人がいないので、適当にかわしながら、腹ごしらえにいつもの食堂に向かう。 小瑠璃はカンボジアンマーケットで手に入れた、クメールシルクのスカーフを身に着け、アンコールワットへの臨戦態勢を整えている。いつも夕方頃に来ている食堂は、実はメインは朝なのだ。朝は特に活気があり、入れ代わり立ち代わり、地元の人が来て、食べていったり、テイクアウトをしていったりと大繁盛。 我らは、まえまえから狙っていたヌンパンを頼む。 ばーん。これが求めていたヌンパンだ。ビーフシチューにつけて食べるヌンパンとバラ肉の入ったヌンパンだ。どちらも他の店よりも首一つ抜きに出ている。ビーフシチューは肉のコクと少し甘めの味付けで、カリッと焼いたヌンパンを付けて食べるとサイコーに美味い。バラ肉のヌンパンも肉肉しくて、甘めの味付けで絶品。ヌンパンはカンボジアでかなり食べたが、ここのが一番だ。 takeoゲストハウスでトゥクの手配の仕方はこちら。 フル充電を済ませて、いざトゥク探しなのだが、昨日のように無駄に時間を使うわけには行かないので、前に泊まっていたTAKEOゲストハウスに向かい、トゥクを呼んでもらえるか聞きに行ってみた。泊まっている時は全然見ていなかったが、ちゃんと昔の宿のように、色んな遺跡への値段表が貼ってあり、感じの良いタケオのオニーサンにトゥクを呼んでもらった。今日はとりあえず少~し太陽も見えそうなので、アンコールワットとプノンバケンに夕日を見ることにしていたので、前払いで、15ドル払ってトゥクのおっちゃんを待つ。来てくれたおっちゃんは、何とタケオから現在の宿グリーンホームへ連れて行ってくれた感じの良いおっちゃんだったので一安心。まずはアンコールパスを買いに向かう。トゥクのおっちゃんの名前はMrポー。 アンコールパスと買い方とオスス遺跡などはこちら。 我らは時間はたっぷりあるので、7日間のパスを買い、トイレを済ませ出てくると、おっちゃんが写真を撮ってくれるという。 こういう時の写真は、たいていピンぼけなのだが、数枚撮ってもらったが、Mrポーは一眼レフが使えるようでいい写真を撮ってくれた。これが我ら唯一の2人写っている写真だ。 途中、TICKET確認の検問みたいな所で、パスを見せて、トゥクはひた走る。前はお土産物屋しかなかった印象のアンコールワットの途中も、ナイトマーケットやホテル、cafe、何でもありで街になっていたので驚きだ。アンコールワットの周りも整備されて、やたらお土産物屋が目立つ。 カンボジアのキレイなトイレマップはこちら。 Mrポーと現在10時なので、午後の4時にピックアップをお願いして、いざ10数年ぶりのアンコールワットへ。前はこんな感じだったアンコールワットの前。 現在はこんな感じで賑わっているけれど、何だかちゃんと観光地になったなーと思う。 現在中央の橋は絶賛工事中で、作業のおっちゃんたちがゆーくり作業している。 代わりにトランポリンみたいな浮き橋を進むのがなかなか楽しい。橋の入口でアンコールパスを見せるので、途中のTICKETを見せるところを通り抜けても無駄である。天気は、青空が見えそうで見えない曇り空。睡蓮がちらほら咲いている。 ダダぐもりのアンコールワット。雨季のピークでも人はかなりいる。猿も前はあまりいなかったが、そこかしこに居て、観光客の菓子などを狙っているので、狂犬病には注意して目を合わせないようにしながら歩く。 前に来た時もそうだったが、いきなりアンコールワットに来ても、何だか現実感がわかない。でも久しぶりに来れたのだなーと思う。前も楽しかったけれど、もう一度くるとは思っていなかったので、人生は不思議だ。 左側には、こちらも前にはいなかったお土産屋が、遺跡の中にまで入り込んできているのはいただけない。シェムリアップから追い出された人々が、遺跡に入り込んできているのだろうが、アンコールワットにせっかく来て見たい光景ではない。 東南アジアでは、スマホの普及もあり、現在インスタグラムが流行っているのだろうか、タイ人を中心にいたる所で、写真を撮っている。遺跡に入るとやっと歴史を少し感じられる。美しいクメール彫刻と経年変化。 光の陰影。ラーマヤナの物語。 見ごたえのある遺跡を4分の1程歩いて、のどが渇いていたのであの露天の方へ向かってみるとやはりシルクやお土産物とドリンクの激しい売り込みがガンガンくる。めちゃめちゃ高い値段を付けていそうだが、それでは売れないのだろうか、街よりちょっと高いぐらいの値段でポカリを買い、椅子に座ると、猫ゾーがくつろいでいた。狂犬病のことがなければ、撫で回したい所だが、アイコンタクトにとどめておく。曇りだが、ポカリが身にしみるほどすでに、どっさりと汗をかいていた。 じっくりとレリーフなどを見ながら、第2回廊、第3回廊へと向かう。以前は第3回廊へ登る階段といえば、こんな感じの急階段だった。 現在は、こんな感じで手すりと木の階段ができていて、安全に登れるが、色気はない。 少し青空が見えてきた。 遺跡はグレーだが、光が入ると美しいが、また太陽は引っ込んでしまう。それでもやはり、第三回廊は神殿のようだ。 どこに行っても、どうしようもない間抜けはいるもので、おそまつなマーキングが色んな所に刻まれている。日本人の他落書きもあった。こういうバカには、バチみたいなものがあたるのだろうか?それとも、あまりにくだらないので神様もバチを当てる気すら怒らないのだろうか? こんなところにも猫はいる。神殿住まいの高貴なお方だ。中央の方からは音楽が流れているので、行ってみると、カンボジアの人々がお祈りを捧げている。神聖な感じというよりも、アットホームな感じ。 こうして上から歩いてきた道を見ると、広大で周りは豊かな森で囲まれている。壮大な寺院だ。 5時間かけても回りきれないほど広大なので、今日は退散する。入り口の所に戻り、休息できるcafeを探す。入り口の真ん前のブルーパンプキンcafeのには、アーチザンアンコールが併設されていて、シルクのストールなどが売っているが、高いし欲しいものはないので、トイレだけを借りる。トイレは予想外にあんまり綺麗ではない。cafeはアホみたいに高いので、手頃なcafeを探しながら、お土産物屋を流し見するが、オールドマーケットで売っていそうなものばかりで、ラインナップはみんな同じ。 ボコついたcafeに入って、少し何かを食べたかったが、コチラもボリ感満載の値段設定。街で2ドルぐらいのものが13ドルぐらいするので、お店のおねーさんが盛んに薦めてくるが、coffeeだけを頼む。途中日本人のグループが何故か隣の席に座るが、話したい感じではなかったので、ほとんど誰もいない店内とお土産だらけの外の景色をぼんやり眺めていた。Mrポーとの約束まで1時間ぐらいあるので、くまなくお店を徘徊したが、めぼしいものはない。そして、かなりのビックスコール。すかさずレインポンチョを取り出して、ポーを待つ。 レインポンチョについてはこちら。 カメラを出せないほどの土砂降りの中Mrポーと合流して、いきなり晴れることだけを期待して、プノンバケンへと向かう。土砂降りの中頂上へと登ろうと入り口のTICKETの係員にTICKETを見せるとニヤニヤと笑っている。こんな雨の中山を登ろうとする外国人を頭がおかしいと思っているのだろう。私もそう思うが、夕日は見たいのである。例え嵐のような雨でも。登り始めると、以外に頭のおかしい外国人の先客がそこら中にいる。雨脚は更に強まり、参道は小川のようになってきたので、さすがに引き返すことにした。まだ諦めきれない多数の同志たちを残して。 トゥクに乗り込み街に戻る途中、さっきの雨が嘘のようにやみ、夕日が少~し顔をだす。 同志たちは、夕日は見れただろうか?それとも流されてしまったのだろうか? 9月に夕日を見るのは難しい。

True ignorance and conscientious stupidity, a quote photo
free man writing

True ignorance and conscientious stupidity,Quote photo

Martin Luther King quotes True ignorance and conscientious stupidity,Nothing is dangerous in this world What is happening between humans isWhether it ’s environmental protection or organicWhether it ’s veganWhether it ’s folk medicineWhether it ’s about warmingWhat the world of capitalism can reach nowIt’s about money and politics. Not interested in economic and political flows,As something unrelated to youLiving human beingsThere is no judgment,I don’t have the ability to think. as a result,The easiest and...

True ignorance and conscientious stupidity, a quote photo
暇人の書き物

真の無知と良心的な愚かさほど、、格言写真

Martin Luther King氏の名言 真の無知と良心的な愚かさほど、この世で危険なものはない True ignorance and conscientious stupidity,Nothing is dangerous in this world 人間の間で起きていることは、環境保護だろうと、オーガニックだろうとビーガンであろうと民間医療であろうと温暖化のことであろうと資本主義の今の世の中が行き着くところは「お金」と「政治」の話になる。 経済と政治の流れに関心がなく、自分には関係のないこととして生きている人間は、判断材料がなく、思考能力を持てない。 その結果、一番安易で結論が出ない、一見それらしい「エコ」や「自然保護」などにはしる。 思考能力を持たない人間ほど、自分は知っていると思いこむ。 知らないことがばれないようにもっと知らない人間を集め特定の人、特定の場所に閉じこもり、親切心で攻撃する。 情報を右から左へと流し、更に自尊心を満たすため、大げさに喧伝する。 それはまさにカルトでしかなく、少し考えればわかりそうなことを考えないので、撒き散らすことにも迷惑な善意が込められている。 情報伝言ゲームは、続けば続くほど、迷信になってゆく。 カオス なき カルト。 情報の信憑性を確かめる手段は、疑いを持ち、裏を複数で取り、自分の体験に照らし合わせるしかない。 そして、物事には表と裏があることを知り、自分がいかに無知かを知ることだ。 アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見て頂けると嬉しいです。

It may be easier to imitate.Quote photo
暇人の書き物

模倣するほうが楽かもしれない,,格言写真

Steve Jobs氏の格言 模倣するほうが楽かもしれない。でもそんなことをしても世界はよくならない。 It may be easier to imitate.But doing so does not make the world better. 人間の仕事・創作活動・思想などは、オリジナリティーを失い、トレースになっている。 情報が溢れ反乱し全てを安易に盗むことが出来る。 その分人間は苦しみもがくことを忘れ、惰性でそれなりの形を作ることに終止する。 気がついた頃には文化やスタイルを生み出せなくなってしまった。 イナゴのように、甘い餌があると我先に飛びつき食い荒らす。 業界ごと根が枯れ果てるまで。 やがて業界そのものが枯れ果てると再び餌を探し飛びつき、食い荒らす連続。 互いに刺激しあいいい意味での競争の中で戦うよりも、リスクの少ない道を選ぶ。 やがて世界はリスクとオリジナリティーを失いどこもかしこも同じ様な国になってしまう。 アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見て頂けると、嬉しいです。

How many days is Angkor Wat TICKET needed? And price
カンボジア

アンコールワットTICKETは何日必要か?と値段

一生に一度かもしれないアンコールワットへの旅。私達が実際に行って来た体験から紹介する後悔のないように遺跡をめぐるために必要な日程の組み方とアンコールパスの買い方についてまとめていこうと思います。もちろん値段も。営業時間も。アンコールパスが必要な遺跡も。 目次 1・アンコールパスの買い方 2・アンコールパスが必要な遺跡 3・何日券を買うのが良いのか? アンコールワットなどの遺跡への交通手段は? 1・アンコールパスの買い方 場所と営業時間 アンコールエンタープライズ(アンコールチケット)は、地図にある通り、シェムリアップの中心街からも遠く、微妙な位置にあり、基本的に、ここに行かないとTICKETは買えません。 営業時間は、朝の5時~17時30なので、TICKETを買ってそのままアンコールワットの朝日を見ようにも、日の出が5時過ぎの場合、混み合うことも多く、買う時間もあるので、間に合わないこともあるのでご注意を。 私達が行った、9月のサンライズは5時ちょっと過ぎでした。 値段 アンコールパスには1日券・3日券・7日券があります。○1日券は購入日のみ有効なpassです。37ドル。○3日券は、10日間の間で、3日使用可能なpassです。62ドル○7日券は、1ヶ月の間で、7日間使用可能なpassです。72ドル。日付は指定する必要はなく、遺跡の途中にあるTICKETチェックの所で、TICKETに穴をあけてもらうだけです。(穴の数で日にちを見ている)買った日に遺跡へ行かなければ、カウントされません。 買い方 買い方は簡単です。ブースに行くと、チケットカウンターのところにそれぞれ1day・3day・7dayと書いてあるので、希望のチケットの所へ並び、お金を払い、写真をその場で撮ってもらって、すぐに発行してくれます。 2・アンコールパスが必要な遺跡 アンコールワット アンコールトム遺跡群プリアカン・ニャックポアン・クロルコー・タソム・東メボン・プレループ・スラスラン・プラサットクラヴァン・タプローム・トマノン・パクセイチャムクロン・タケウ・バンテアイクディプラサットパッチュム プノン・バケンバンテアイスレイ・クバールスピアン ベンメリア・ベンメリア近くのTICKETセンターで5ドル払う必要があります。(2020年からアンコールワットのチケットが必要になったようです。) ロレイ(ロリュオス遺跡群)プリア・コー(ロリュオス遺跡群)バコン(ロリュオス遺跡群) アンコールパスで入れない遺跡。 怖いですね~。高ーいTICKETを買っても下記の遺跡は別料金です。プノンクレーン・20ドルコーケー・10ドルプレアヴィヘア・10ドル 3・何日券を買うのが良いのか? 私達が今回の旅で行ったのは、(アンコール遺跡群・バイヨン~象のテラス周辺のアンコールトム遺跡群・プリアカン~タプローム・バンテアイスレイ・ベンメリア・クバールスピアン・プノンバケンです。)上記に4日間+アンコールワットの朝日に1日合計5日間です。カンボジアの滞在は25日間あったので、街の散策は他の日です。私達が行った郊外遺跡、ベンメリア・クバールスピアン・バンテアイスレイは、1日でまわれます。 遺跡を大きく分けると 1・アンコールワット2・バイヨン~象のテラス周辺3・プリアカンから右回りでタプロームまで。4・主な郊外遺跡(バンテアイスレイ・クバールスピアン・ベンメリア・コーケー・プレアヴィヘアなど)5・朝日・夕日?です。遺跡はかなり大きく、見どころも多く、暑いので体力も使うため、それぞれに1日、見るのにかかると思います。街歩きは、ナイトマーケットもあるので、体力があればそれなりに楽しめるかと思いますが、遺跡のoff日は必要かと思います。 おすすめの遺跡と以外に行かなくても良いかもな遺跡 ※後日遺跡についての詳細を書く予定なので、簡単に。暇人が個人的におすすめなのは、プリアカンから右回りでタプロームまでです。一番バラエティーに富んでいて、プリアカンは牧歌的で1番好きな遺跡です。途中の道も美しく、川沿いの景色も最高です。水瓶・天空の城・ヒンドゥー寺院・大樹・タプローム。 レリーフがダントツにきれいなのは、バンテアイスレイです。寺院自体が物語のようで、本当に美しいです。 バイヨン寺院。前に来た時も行きましたが、やはり圧巻です。タプロームと同様ですが、人でごった返しているのが残念なところですが、それを差し引いても行く価値アリです。 ベンメリアは、以前は美しく、そのままの姿でおすすめでしたが、現在はスロープが張り巡らされ、瓦礫も整理されて移動され、写真を撮るスポットも用意された感じで、個人的には、行かなくてもいいかと思います。以前美しかったベンメリア。 現在のベンメリア。 象のテラス周辺は有名ですが、バイヨン寺院以外個人的には行っても行かなくてもいいかなという感じです。クバールスピアンは、山登りの割には、レリーフなどもあまりないので、山が好きな人以外は、行かなくてもいいかもしれません。 朝日と夕日 アンコールワットは、第3回廊からの景色やレリーフなどよりも、朝日と夕日が思い出に残ると思います。やはりハイライトの朝日と夕日はやはり感動てきなので、ぜひ見たいところです。夕日は乾季ならば、比較的見れるかと思いますが、朝日は乾季でもなかなか美しいものは見れません。以前にカンボジアに行った時は、乾季と雨季の境目で、アンコールワットに朝日を撮りに行った3日目にようやく見れました。 今回の旅では、雨季のピークということもあり、2日行って、何とか見れたのがこんな感じです。 以前見たプノン・クロムからの夕日も最高です。今回は残念ながら、遺跡で夕日は見れませんでした。 何日券を買うのが良いのか? せっかくカンボジアに行って1日券は論外。時間がない場合は、3日券です。おすすめは、アンコールワット朝日+バイヨンに1日。プリアカン~タプロームに1日+夕日。郊外遺跡に1日です。時間に余裕があれば、7日間は長いですが、遺跡に5日間はほしいところです。 想像よりも遺跡は体力を使うので、 日程は余裕を持って行くのがおすすめです。

Arrange Tuk at archeological site to Takeo Guest House
カンボジア

遺跡のトゥクの手配はTakeoゲストハウスへ・実際の料金

カンボジアのアンコール遺跡群やベンメリアなどの郊外遺跡に行くには、主にツアー会社に頼む・現地でトゥクトゥクを見つけて行く方法・・バイクタクシーを利用する手段があります。私達が今回の旅で行ったのは、(アンコール遺跡群・バイヨン~象のテラス周辺のアンコールトム遺跡群・プリアカン~タプローム・バンテアイスレイ・ベンメリア・クバールスピアン・プノンバケンです。) そして、遺跡への交通手段で選んだのは、Takeoゲストハウス(日本人宿)経由でトゥクトゥクドライバーを手配してもらうことでした。今回は、その理由と特に郊外遺跡群の実際に行って思った注意点と信用できるドライバーが必要な理由と実際の値段をまとめていこうと思います。 特に女性だけの旅の場合と、私のように女性を含めて遺跡へ行く場合は、トゥク選びは慎重に。 トゥクトゥク探しの現実 目次 1・気軽に行ける遺跡と注意がいる遺跡について。 2・Takeoゲストハウスに頼む理由。 3・タケオゲストハウス頼み方と実際の値段。 遺跡を含めたきれいなトイレと注意点はこちら。 1・気軽に行ける遺跡と注意が必要な遺跡について 気軽に行ける遺跡 アンコール遺跡群。早朝も朝日を見るために沢山の人が行き来しているし、遺跡内にも人が多いので、私達も朝日だけの日は、Takeoを介さず、まともそうなトゥクで行きました。アンコールトム遺跡群。(バイヨン~象のテラス周辺)ここもツアー客などが多く、トイレなどもMarket内などで比較的気軽に行けます。ベンメリア遺跡。前と違いかなりメジャー観光地なので、遺跡内や遺跡周辺には人が多い。※その途中は何もないので、女性だけの場合は、Takeoを介したほうが安全。バンテイアイスレイ。ベンメリア同様にメジャースポットで、トイレもきれいな施設内にあり、遺跡にも人が多い。※ベンメリア同様にその途中は何もないので、女性だけの場合は、Takeoを介したほうが安全。プノンバケン。アンコールワットに近く、夕日のメジャースポット。プノンバケンに行くまでも、比較的交通量と人がいる。夕日の時間は登山道にも人が居て、トイレもMarket内にある。タプローム~スラ・スランまで。タプロームがツアー客を含めて人気なので、タ・プロームまでの間も、着いてからの遺跡周辺も、遺跡内にも人が居るので、比較的気軽にいけます。(早朝は不明) 注意がいる遺跡。 プリアカン~東メボン 暇人が一番好きで、おすすめなのがプリアカンなので、ぜひ行ってもらいたい遺跡なのですが、早朝はご覧の通り人の気配は殆どありません。時がたつにつれて、人の気配が少し出てきますが、あまり多くはありません。途中のトイレは、係員の人はいますが、森の中を移動するため、人のいないところへ行こうと思えば行けてしまいます。途中のneak Pean(ここも素晴らしい遺跡)も遺跡内には人が多く、露天などが出ていますが、その途中は人気はあまりありませんので、信用できるトゥクのドライバーと共に行くことをおすすめします。 プノン・クロム夕日は最高です。ですが、小高い山を少し登る遺跡のため、こちらも人があまりいるわけではないので、Takeoで手配してもらったほうが無難です。 クバールスピアンは、距離も遠く、まさに山に行くので、麓には商店などもありますが、登山道も人気はほとんどなく、なかなか体力も使うので、観光地としての人気もないので、女性だけの旅では行かないほうが良いと思います。私達のように行く場合は、信用できるトゥクは必須です。 2・Takeoゲストハウスに頼む理由 1・takeoは、親族経営なので、親戚の中からドライバーを手配してくれる。2・流しのトゥクは何かあった場合逃げられるが、Takeoの場合,宿があるので比較的安心。3・日本語が通じる。もちろん何かあった場合も、警察に説明してもらえる。 4・前払いで、ちゃんと値段が表記してある。基本トゥクは、交渉制で、後払い。後で追加料金などを言い出す場合が多いが、talkeoの場合、前払いで追加料金はなし。4・日本人がほとんどの宿などで、日本人に悪い口コミを書かれると、お客さん(宿泊客)もいなくなってしまう。 3・タケオゲストハウス頼み方と実際の値段。 takoゲストハウスでは、宿泊客でなくても、トゥクの手配やツアーなどにも参加できます。ゲストハウスに行くと、スタッフの人が入り口に居るので、入り口の値段表を見ながら、手配をお願いして宿の人にお金を払うだけです。トゥクのドライバーは、日本語はしゃべれないので、英語で会話をしますが、基本的に、どこに行くか?何時間行くか?何時出発か?例えばアンコールワットを見る時に何時に迎えに来るか?ぐらいを話せれば、何とかなります。別料金で、日本語のガイドも付けてくれるそうです。 実際の値段 暇人と小瑠璃の大人2人分の料金です。1・アンコールワットとプノンバケンの夕日で8時間位2人で15ドル。(宿まで送ってくれる。)(アンコールTICKETセンターへは別料金無し)2・アンコールワットサンライズ+3ドルとプリアカンまで、タプロームでピックアップサンライズも合わせて2人で合計18ドル。3・バイヨン寺院~象のテラス周辺(ほぼ徒歩)14ドル4・ベンメリア・バンテアイスレイ・クバルスピアン・2人で40ドル。 ツアーの半額くらいで行けるのでお得です。 時間も比較的自由なので、ゆっくり遺跡に行きたいなら、チャーターです。

Being a human being is a quote photo
free man writing

Being a human being is a quote photo

Saint-Exupéry quote Being a human is very responsible.In front of misery that has nothing to do with meTo know shame. We can show miserable news every day.Passing the sigh, miserable and ugly news. Some areThan human lifeEnd to responsibility transfer,Some areBecause of a virusEveryday depressionI hit people who only have different skin colors,Some areFor small changeScattering news that incites confusion,Some areUsing human misfortune as an attack material,Some areRan to buy and resell,Some areThink only about...

Being a human being is a quote photo
暇人の書き物

人間であるとは、、格言写真

Saint-Exupéry氏の格言 人間であるとは、まさに責任をもつことだ。自分には関係がないような悲惨を前にして恥を知ることだ。 Being a human is very responsible.In front of misery that has nothing to do with meTo know shame. 毎日毎日悲惨なニュースが流れている。ため息を通り越し、無残で醜いニュース。 ある者は、人間の命よりも責任転嫁に終止し、ある者は、ウィルスを理由に日頃の鬱憤を肌の色が違うだけの人間にぶつけ、ある者は、小銭欲しさに混乱を煽るニュースを撒き散らし、ある者は、人の不幸を攻撃材料にし、ある者は、買い占め転売に走り、ある者は、自分のことしか考えずウイルスを世界中にバラマキ、やがて攻撃される材料を自ら作る。 全ての人間が何かの代表であり、何かを象徴している。自己責任など無く、自分では責任のとれないことを平気でする。 攻撃は、やがて自分や周りに返ってくる。 一度失った誇りは二度と返ってこない。 誇り捨て、恥を知らないのなら、人間のフリなどやめて、けだものらしくしてもらいたい。 誇りがわずかでも残っているのなら、もう一度目の前のものを見てもらいたい。 苦しんでいるのは、同じ人間でしかないこと。今攻撃している側の人間が、明日は、攻撃される側になるのだと。騙すものは、明日は騙されるのだということを。負の連鎖の逆も選択できることを。 アドビストックで写真を販売しています。 良かったら、見て頂けると嬉しいです。

Oasis in Cambodia ・ Tmple cafe and Tuk search
カンボジア

カンボジアのオアシス・tmple cafeとトゥク探し

カンボジアの日々は、よく歩き、よく眠れるので、 朝も自然と早く目覚める。 いつものようにベランダに出て一服していると、 今日のワットボーからは、煙が立ち上り音楽が鳴り響く。 日本ではなかなか起きてこない小瑠璃もコチラに来てからは、 目覚めが早い。 今日の予定は決まっている。 アイポッドタッチで見つけた、謎のベーカリーカフェへと 朝食を食べに行って、 明日のアンコールワットへ行くための信用できそうな トゥクトゥクドライバー探し。 トレンサップの件もあるので、とにかく気持ちよく遺跡巡りたいのだ。 あれから、自分の人を見る目が日本人以外に通じないと痛感したので、 今日は鍛え直すのです。 トレンサップのぼったくりの手口。 ※こんど、シェムリアップおすすめカフェ一覧は詳しく書きますが。 templecafeは、ワットボーストリートから近く、 川沿いのひっそりした所にあります。 謎の看板と、ちゃらそうなEntranceに本当にここは旨いのか?と 疑問が湧いたが、入ってみることにする。 ドアには2人のただドアを開けるためだけのスタッフが待機している。 入ってみると、スタッフがやたらいて、おしゃれで、 清潔で想像の数倍良い。 to go(テイクアウト) for here(ここで食べる)どちらも出来て、 ショーケースには大きな旨そうなパンとドーナッツなどがあり、 食事も地元の人が来れるくらいの価格設定のラインナップなので、 地元の人々のデートスポットになっている。 大概の外資のレストランやcafeは、地元の人々を無視しているので、 ここの価格設定には好感が持てる。 さっそく、アメリカーノとクロワッサンとパンオショコラと ドーナッツを頼んで、 タバコが吸える外の席にでる。(中は禁煙) 外に出てみると、緑がいっぱいで、壁には水が流れ、 通りも見えるかなりツボなcafeだ。 イスも座り心地の良いソファーのようなイスで、 空間も広くとってあって、ゆっくりできる。かなりいい。 日本の回転率だけを求めた、長居させない感満載のcafeとは大違いだ。 だから普段はポンコツcafeには行かず、喫茶店ばかり行っているのだが、 こんなcafeなら何時でも来たい。 見てもらいたい。 この大きなパンやドーナッツは一つ1ドル。coffeeは2ドルなのだ。 しかも、日本よりもレベルは高い。 クロワッサンはちゃんとバターの風味満載で、 マーガリンのベトベト感もない。 ドーナッツも古いサラダ油の味ではなくて、 フカフカ食感で油がさらりとしていて、重くない。 coffeeはそれなりだが、2つこの大きさのパンを食べると腹は一杯になる。 こんなコストパフォーマンスの良いカフェは、 日本には存在出来ないのだから、悲しいことだ。 小瑠璃の拍手が止まらない。 明らかにカンボジアの飯のときよりもcafeの方がニヤニヤ度が高い。 最初は謎のスピーカー音が、何かを流していると思っていたのだが、 声の主が見つかった。ウシガエルだ。 緑が眩しい。水の音、ウシガエルの奇妙な声、 道をゆくトゥクやバイクのカンボジアの風景。 ゆっくり出来て旨いcafeの中での一服。 良い一日だ。 さっそく気持ちのいい空間で、 明日の遺跡はどこに行くかの作戦会議を始めるが、、小競り合いが起きる。 やはり人それぞれ、行きたいところや心の温度には違いがある。 ポツッポツッ。 さっきまでの平和はどこへやら、雨まで降り出したので、 templeを後にする。 すぐに土砂降りになって、 雨のなか、ベンチで話し合い。 気を取り直して、雨宿りを兼ねてcafeをはしごすることにする。 雨の中いつもと違う道をゆくと、 小ジャレている何だか高そうなcafeがあったので、 あまり期待せずに入ってみる。 お客さんはいない。 コチラも内装は悪くないが謎の空間。 ど真ん中にtemplecafeにはなかった,赤い不自然な祭壇がある。...

It rains in the sunshine Quotations photo
Quotations photo

It rains in the sunshine Quote photo

cocco・It rains in the sunshine Haiyayo Brilliant rain Haiyayo Fall into the darkness Haiyayo Go up, the swarm star Like my innermost In the darkness of jet black As you fall from your head, It is dark at first, In the dark Time passes. The world is Two times flow in parallel. Soon Overhead With a new world spread Light spreads. Saw you Tree shadow Like dancing sunny spot Locked Piano too Like singing The...

It rains in the sunshine Quotations photo
格言写真

陽の照りながら雨の降る,,格言写真

cocco・陽の照りながら雨の降るより ハイヤイヨ 燦々と 雨 ハイヤイヨ 闇に 堕ちれど ハイヤイヨ 上がれ 群れ星よ Haiyayo Brilliant rain Haiyayo Fall into the darkness Haiyayo Go up, the swarm star 自分の奥底のような 漆黒の闇に 頭から落ちてゆくと、 初めは暗く、 暗闇の中で 時間は過ぎる。 世界は、 2つの時間が並行して流れる。 やがて 頭上には 新しい世界と 広がり 光が広がる。 あなたを見た 木の影 踊るような 日溜り 鍵を掛けた ピアノも 歌うような お天気 ハイヤイヨ 山、動く日に ハイヤイヨ 燦々と 雨 忘れたのに 残った 生きるように 歩いた 許さないで わたしを 失くさないで あなたを 旅の者は見た 燃ゆるよな 朱 帰る者は言う 恋しい 愛しい 会いたい 守りたい あなたを ハイヤイヨ 山、動く日に ハイヤイヨ 燦々と 雨 ハイヤイヨ 闇に 堕ちれど...

Ajowan and mung bean coconut vinegar recipe
多国籍料理レシピ

アジョワンと緑豆のココナッツビネガー煮レシピ

アジョワンと伝染病予防についてはこちら。 先日書いたアジョワンの記事のレシピをあげていなかったので、あげていこうと思います。薬効が多く、もはや薬の様なアジョワン。独特の香りと風味を持つアジョワンは、変わり種で好き嫌いも別れます。第一弾は、他のスパイスの風味もあるので、食べやすいカレー風味のココナッツビネガーを使った煮込み料理を作りました。酸味も効いて旨いので、腸内環境と免疫力を高めて、病気から身を守るヒントになれば、幸いです。 材料 緑豆・200g 大根・3分の1 白菜・10枚 鳥ひき肉(無くても可)150g アジョワン・小さじ1 ターメリック・大さじ1 クミン・大さじ1 コリアンダー・大さじ1 ジンジャー・大さじ1 ヒング(無くても可)ひとつまみ。 フェヌグリーク(無くても可)大さじ1 胡麻(無くても可)大さじ1 ココナッツビネガー・大さじ1 塩・適量 醤油。少々 油・適量 水・250cc 1・スパイスを出しておく。 後で手間取り、スパイスを焦がさないように、フェヌグリークとヒング以外のスパイスを皿などに出しておく。 切り方は適当です。大根は皮を剥き、角切りです。 鍋やフライパンに油をひいて、大根をかなり念入りに炒めてゆきます。 白菜は手でちぎりながら入れ、コチラもかなり念入りに炒め、水分をとばします。 鶏肉を入れる場合は、白菜の水分がとんでから入れ、炒めながらほぐして、全体にゆきわたるようにします。 弱火にしてから、フェヌグリーク以外のスパイス(ターメリック・クミン・コリアンダー・ヒング・ジンジャー・胡麻)を焦がさないように炒めてゆきます。香りがたったら、 弱火のまま、茹でてある緑豆(レンズ豆。大豆・ウラド豆・ひよこ豆などでも可)とフェヌグリークを入れて、軽く炒めます。(フェヌグリークは焦がすと苦味に変わります。)水とココナッツビネガーと醤油と塩を入れて、蓋をして15分煮込み。蓋を外して、大根に火が通るまでかき混ぜながら水分をとばし、味を整えれば完成です。

The only thing that can free humans is Quote photo
free man writing

The only thing that can free humans is Quote photo

Quote of Tolstoy Only human reason can make human freedom.Human life isThe more you lose, the more you become crippled. The coronavirus triggeredreveal one’s true character A country that prioritizes money over human life.When people are in trouble,A hungry ghost for resale of masks. Forget helping each other,A family that devours the weak. Misled by superstition,Ignorance that kills even the weaker. Virus triggeredBy skin colorA hypocrite who is openly discriminating. A society that has fallen...

The only thing that can free humans is Quote photo
暇人の書き物

人間を自由にできるのは、、 格言写真

Leo Tolstoy氏の格言 人間を自由にできるのは、人間の理性だけである。人間の生活は、理性を失えば失うほどますます不自由になる。 Only human reason can make human freedom.Human life isThe more you lose, the more you become crippled. コロナウイルスがきっかけで、人間の化けの皮が剥がれてきている。 人間の命よりも、お金を優先する国。人が困っている時に、マスクなどの転売にはしる餓鬼。 助け合うことを忘れ、弱者をいたぶる同族。 迷信に踊らされ、さらに弱いものを殺す無知。 ウィルスをきっかけに、肌の色で公然と露骨に差別をする偽善者。 個人主義から、利己主義に落ちぶれた社会。 理性は、知性と想像力から生まれる。他人の立場を考えられる知性と想像力。知性と想像力を無くした餓鬼はパニックの中で、怒り、弱者を攻撃し始める。飛沫感染と空気感染と接触感染がわかれば、人との距離のとり方にも違いがでてくるはずなのに。 餓鬼のように目の前のものを貪り、他人を恐れ、だまし、攻撃をすればするほど、世界は縮み、自らも攻撃に怯えることになる。 人の命を犠牲にしてかき集めた金で貪る飯は旨いか? アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見ていただけると嬉しいです。

Is Ajowan effective for preventing infectious diseases?
多国籍料理レシピ

伝染病予防にはインドのスパイス・アジョワンは有効か?

1・コロナウイルスへの対処法。 コロナウイルス感染経路。 コロナウィルスの感染ルートは、コロナウイルス感染者の咳やくしゃみにより、ウイルスが広がる飛沫感染感染者が口や鼻を触るなどして手にウイルスが付着、その手で触った物を手すりやドアノブなどを介し他者が触れ、その手で自分の口や鼻を触って起きるのが、接触感染。コロナウィルスは、大きいため空気中を漂う前に、落下するので、空気感染は起きないと考えられている。 対策には何が良いのか? 残念ながらマスクはあまり役に立ちそうもない。咳やくしゃみ拡散させない働きと、顔の粘膜に触れにくい利点はあるが、感染の予防効果は、あまり期待できない。有効な対策は、とにかく手洗いと消毒と顔などの粘膜に触れないこと。人混みを避けること。他人との距離を1m以上とること。手で目や口などの粘膜に触れないこと。 手洗いと消毒について。 石鹸と消毒用アルコールは効果がある。石鹸は脂の膜を壊し、ウイルスを殺す働きがあり、消毒用アルコールでも破壊できる。ウイルスが粘膜に付着してから15~20分で体内に侵入し、感染すると言われているため、手洗いうがいは、頻繁にする必要がある。ドアノブや携帯電話などを消毒。(触れた手で顔に触れない。) 飛沫感染予防にフェイスシールドは有効か? その他の対策 空気の入れ替え。ウイルスは風通しのいい空間では生きられない。 いちばん重要なのは、免疫力を高く保つこと。 免疫が高く機能していると、粘膜に多少のウイルスが付着しても、体外への排除ができれば、感染が起きないのは風邪と同じ(感染力が強いので、免疫を上げるだけでは不十分)腸内環境を整えると、免疫力が上がる。腸の中には、体の70%をしめる{免疫細胞}が集中しています。この免疫細胞が、ウイルスや菌などにたいしての防御機能を果たしています。 アジョワン(Ajwain)とアーユルヴェーダ。 アーユルヴェーダいついて詳しくは アーユルヴェーダを代表するハーブの1つです。アジョワンの効能として、抗菌、抗炎症作用による風邪の予防や伝染病予防にも使用されていたといわれています。整腸作用もあり、消化不良の薬としても飲用され、呼吸器系、消化器官、喘息の治療にも使われることもあります。利尿促進効果もあり、尿路結石に治療にも使用されることもあります。 アジョワンの主成分。 フェノール類は、強い殺菌効果と抗真菌・抗ウィルス作用があります。パラシメンは、抗菌・抗真菌活性があり、感染症予防(インフルエンザや風邪)などの呼吸器系の症状の緩和効果があるとされています。モチールには優れた防腐、殺菌、抗菌効果があるので、インドの家庭では、常備薬のような存在です。 アジョワンの注意点 ●長期使用すると肝毒性(肝臓に対して毒性)がある。●長期間摂取を続けると利尿作用によって、体が水分不足になるので、水分をしっかりと取る必要がある。とりすぎは良くないので、数日とったら数日控えるか、あまり多量に摂取しないようにする必要がある。●温湿布などにも使用されているようだが、フェノール類は皮膚刺激が強すぎるので、皮膚にはあまり使用しないほうが良いです。 アジョワンの使い方。 アジョワンウォーター・料理に使う。アジョワンウォーターの作り方作り方は簡単です。●潰したアジョワンをを煮詰めて作る方法と●コップ1杯分にアジョワンをティースプーン2杯ほどいれて、一晩付ける方法です。料理には通常のスパイスと同様に入れてゆきます。 アジョワンを使ったレシピです。 まとめ。 コロナウィルスには、マスクよりも消毒と人混みを避けること。腸内環境を整え、生活を整え免疫力を上げる。アジョワンやアーユルヴェーダや漢方を取り入れて、腸内環境と免疫力を上げられるように食生活や日々の生活を見直すと、今回のコロナウィルスに限らず、有益です。スパイスを買う店は、それぞれしっかりと吟味したほうが良いです。先日日本のtira○○○○で注文した所、掲載内容と届いたものの添加物の表記が違い、書き忘れたのではなく、意図的に添加物を明記していないないと思い(数個とばしてわざわざ一番当たり障りのないものを記載し、3個ほど記載していない)、返品しました。その時の返答は、第一輸入者(商品ラベルの表示があっていて、この店の表記が違っている。)の表記が間違っていて、自分たちは悪くないとのこと。(アーユルヴェーダやヨガ系のものも取りあつかっている)そのような所で買うと、出所がわからずかえって体調を崩しかねないので、信頼のできる店をそれぞれ探したほうが良いと思います。あくまで参考程度に。私が現在買っているのは、MAYA BAZAARです。

Temple walking course with music in Siem Reap
カンボジア

シェムリアップの音楽響く寺散策コース。後編

前編はコチラ。 シェムリアップ川に戻ると川沿いにチラホラと商店があり、生活感と緑がいっぱいで気持ちがいい。こちらもローカルスポットなので、トゥクの売り込みなどもなく、のんびり歩ける。中心街にいる人々よりも、穏やかな顔つきのカンボジア人が多いし、交通量もないので歩きやすい。商店の合間には、ここもリゾート開発の波があるのか、チラホラと小規模のミニホテルや、cafeなどもあるが、ピンとくるところはない。こうゆう何にもないところをぼ~と歩いているのが好きだ。 ジェムリアップ川をずーと歩いてゆくと、wat preah an kau saa の門がある。門は金色に塗られ、コミカルナーガや獅子が迎えてくれる。 ここも緑豊かで、地元の人がバイクなどで、行き来している。そして、寺院全体に美しい音楽が響き渡っているので、とても心地よく、それがこのお寺の景色とも、光ともあっているのだ。音はワットボーで鳴っていた楽器も含まれているが、曲も内容も違い、カンボジアで聞いた楽器の中で、ここの音楽が一番好みだ。入口付近には、昔漁で使われていたのか、長いボートがあった。 建物には、ナーガの綱引きの見事な彫刻。 生活感のある祭壇。 奥の方では、遊ぶ子供。祈りを捧げているおばあさん。木漏れ日・音楽・葉の擦れる音・トゥクのエンジン音。 本殿は、ナーガが迎えてくれる。 そそり立つ屋根。刻一刻と変わる天気。 広々とした空間。右に門があって、美しいレリーフ。その先には、地元の人の生活が少し垣間見えます。 もちろん猫ゾーもいます。野良かと思いきや、お坊さんの所で飼われているようでした。コチラのお寺も学校とお坊さんの住処でもあるので、とてもアットホームな感じです。 このお寺も、派手で壮観なレリーフや仏像があるわけではありませんが、美しい音楽と時間があるのです。暇人は、個人的にはとても好きなお寺で、音楽とともに、ここにいた時間を思うと心が温まります。 心地のいい音楽に別れを告げて、川沿いに戻り、次のお寺を目指す途中。ジーンズのリメイクの勢いしかない面白い鉢植えなどを横目で見ながら、のんびりと歩いてゆきます。川・橋、人、向こう岸、見たこのない種類の木や実。 すでにおなじみになってきた、謎の花。 早くも哀愁を漂わせる背中。この少年の右側に目当てのお寺があったのだが、地元の人々で溢れかえっていたので、今日はもう満足と、反対岸を歩いて帰ることにする。 少年の目に映る変わりゆく景色は、明るいのだろうか? そうそう。今でもカンボジアやバリでは、野良犬たちも自由で、飼い犬も野良犬も勝手に遊んでいる。通行人と同じく、ど~も~とすれ違うこともしばしば。時々蹴飛ばされたりもしているが、何だか楽しそうなのだ。日本のベビーカーに載せられた犬の何倍も。それぞれの時間がまだ、ここにはあるのだ。遊ぶ場所も。寛容さも。 途中地元のMarketがあって、小瑠璃の手鏡を探すも、英語が通じず、やっと通じても手鏡を持つ習慣がないのか、以外に見つからない。買うものはないけれど、謎の服や雑貨などを見れて、活気があってなかなか面白い。 一度宿に戻るとオーナーがいて、連泊すると安くするよと言われて、1泊15ドル→12ドルにしてくれたので、1週間ほど滞在を延ばすことにした。 夕食は迷ったけど結局いつもの食堂へ。酢豚と鳥のやつを注文して、やっぱり正解でうまし。 やっとカンボジアに馴染んできた。いつもの食堂。いつものラッキーモール。いつものしつこいトゥク。久しぶりの太陽、心地の良い風。そよぐ花々。流れる音楽。楽しそうな犬。良い一日。カンボジアは良い。

Remember many things, Quote photo
暇人の書き物

いろんなことを覚えて,,格言写真

Jerome David Salinger氏の言葉 いろんなことを覚えて、鞭のように鋭い切れ者になったって、それでしあせになれなかったら、一体何の甲斐があるんだろ I don’t know what good it is to know so much and be smart as whips and all if it doesn’t make you happy. 全ての人間が誰しも求めるものがあります。それは共感と社会の中で役割を見つけることです。 全ての学問は、人間を知り、その中でうまくやっていける術だと思います。 人間が社会と人間から完全に切り離された状態で生きてゆくことは出来ません。 そのために自分を知ろうとし、人間を知ろうとし、本質を追求し、歴史を掘り、特定の分野を極め、ただ、平穏に暮らせる方法を探ります。 その深淵に行けばいくほど、そこに行き着く人はどんどんと減ってゆきます。 人間とうまくやるために学んだあらゆる事が、自分以外の人間と離れてしまう原因になってゆきます。 人間を知れば知るほど、自分と他人は違う人間だということを知ることになります。自己の深淵に潜れば潜るほど、確信は生まれますが、それを共有する相手がいなければ、何の意味も持ちません。 だとしたら、どうすれば良いのでしょうか? アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見ていただけると嬉しいです。

visaについて

カンボジア・シェムリアップ空港!アライバルビザをすんなりゲット!?の巻

持ち物オッケー! ・ビザ代は成田空港で円をドルに両替済。 ・証明写真は日本から持参。 ・パスポート持った。 ・出入国カードは飛行機の中で配布されて、記入済。 オッケーのオッケー!よし! なるほど!盲点! 外国人のおねーさんと目が合った。二人ともププー わかりやすっ 4か所ある受付の人が、 一人、また一人とブースを抜け出し、最終的に受付が一人に。 THEからかわれているの図がかわいい。おじちゃん・・・(笑) 4人のなんやかんや仲良し感にほっこり。 最後になった係りの人もさっさと帰りたいらしく、 かなりの巻き巻きで あーもういいいいみたいな感じで通過させてくれた。えぇいいの?ププー  

Temple walking course with music in Siem Reap
カンボジア

シェムリアップの音楽響く寺散策コース。前編。

久しぶりにゆっくりと寝た気がしたが、結構早い時刻。窓からは、朝焼けの名残と青空が覗いている。ベランダに出て、カリンバを鳴らすと遠くまで音が飛んでいく。 目の前には半ジャングルが広がる。見たことがない異国の鳥の住処のようで、盛んにでたり入ったりを繰り返している。我らが泊まる宿の名前グリーンホームは、この緑の景色から来ているのだろう。それにしても植物の生命力が強すぎて、家が飲み込まれていっている。タケオゲストハウスから見る、カンボジアの街も気に入っていたけれど、やっぱり緑のある景色のほうが好みだ。 我らが泊まるグリーンホームがあるのは、ワットボーストリート。そのワットボーらしきお寺が見えたので、行ってみることにする。今日は、ワットボーとシェムリアップ川の無料で入れるお寺巡りの一日なのだ。のどかで、カンボジアらしく、気持ちのいいおすすめコース。

Simmered coconut vinegar with sweet potato and sweet potato
多国籍料理レシピ

厚揚げとさつまいものココナッツビネガーの煮物レシピ

趣味が調味料集めでもある暇人が、 いつもの乾物屋さんを探検していると、 見慣れないものがありました。 ココナッツビネガーなる物です。 最近アーユルヴェーダの記事を書いたせいか、 再び新しいスパイスや豆などの料理に凝っています。 健康志向に拍車がかって止められないので、 すぐさま研究です。 昨日の炒め物で大体の特性はつかめたので、 今日は煮物を作ってみました。 これが、絶品なのです。 新調味料のヒングと共に、カンボジアにいた頃からからファンの レモングラスも使った、スープにもなる、 厚揚げとさつまいものココナッツビネガーの煮物です。 材料 厚揚げ・1枚 大根・3分の1 さつまいも・2個 ニラ・1束 鳥ひき肉・150g(無くても可) 塩・適量 醤油・少々 ココナッツビネガー・大さじ1.5 (黒酢でも可) レモングラス・ひとつまみ(無くても可) ヒング2つまみ(無くても可) 水・400cc 油・適量 今日のコツ 1・ココナッツビネガーは、酸味が通常の酢よりも強いので、控えめに。 2・レモングラスは、できれば入れたほうが旨い。 3・ヒングは豆とイモ類を食べた時のガスを逃してくれる働きがあるのでおすすめ。 1・野菜を切る 切り方は適当です。 ●大根は、角切り ●さつまいもは輪切り ●ニラはざく切りです。 2・大根とさつまいもを炒める 鍋やフライパンを温め、 油をひいて、大根とさつまいもを中火でよーく炒めます。 (旨味がまし、火も通りやすくなります) ひき肉を入れる場合は、 ひき肉がちゃんとほぐれるように炒めます。 ヒングを入れる場合も、 ここで焦がさないように中火で炒めます。 次に軽く厚揚げを炒めて、 次に水を入れてから、 塩・醤油・ココナッツビネガーを入れて、 蓋をして弱火で、50分ほど煮込みます。 最後にニラと 使う場合は、レモングラスを入れて味を整え、 ニラがやわらかくなれば、、、 完成です。

You always lose in calm. You are always hostile in the wild. So discard those two Take the middle path
free man writing

You always lose in calm.Quote photo

Indian proverb You always lose in calm.You are always hostile in the wild.So discard those twoTake the middle path The world is made up ofWhite or black?Right or wrong?Not in such a narrow world,Countless points with laws. When climbing a mountain,As the goal is to climb to the top early,A steep and short climbing courseSuppose you have a slow, long climb. If your goal is to climb fast,I climb a steep course,When you reach the...

You always lose in calm. You are always hostile in the wild. So discard those two Take the middle path
暇人の書き物

穏やかではいつも負ける、、格言写真

インドのことわざ 穏やかではいつも負ける、 粗野ではいつも敵意をもたれる、 それゆえその2つを捨てて 中道をとるべし You always lose in calm. You are always hostile in the wild. So discard those two Take the middle path 世界を構成しているのは、 白か黒か? 正しいか間違っているのか? そんな狭い世界ではなく、 法則のある無数の点です。 山を登る時、 目標が早く頂上に登ることだとして、 険しく短い登山コースと 緩やかなで長い登山コースがあるとします。 早く登ることが目的なら、 険しいコースを登りますが、 頂上についたときには、 体力はギリギリです。 体力をあまり使わなくて済む 緩やかな道は、 時間を失い 長く体力を奪われてゆきます。 うさぎとかめのような話ですが、 下山が早いのはどちらでしょうか? 2往復する場合早いのはどちらでしょうか? まずはもちろん実際に登ってみなければわかりません。 ここで、 みんなと同じようにどちらかの道で、 競う場合、 体力の差の争いでしかありません。 なぜどちらかの道ではなくてはならないのでしょうか? 体力をある程度温存できて、 ある程度早く頂上へたどり着く道を探せばいいと思います。 ただ、その道は誰かが作ってくれた道でもなくて、 誰かが通った道でもありません。 その道を信じるもののみが、 創り出し、見いだせる道です。 その道こそが中道なのだと思います。 どちらかに当てはめようとする限り、 世界は狭く窮屈です。 それはそれとして、 ただ目の前のものを、 それとして見ればいいだけです。 猫派VS犬派みたいな謎の争いも、 どちらもかわいいで良いのではないでしょうか? アドビストックで写真を販売しています。 良かったら見ていただけると嬉しいです。

小瑠璃の初海外・枠の外日記

いざタイ・ドンムアン空港からカンボジア・シェムリアップ空港へ!乗り継ぎの巻

タイからカンボジアへの飛行機乗り場ゲートのとこへ。 なかなかのざわつきで、ザワザワ。 空港というより、バスの待合所のような感じのくつろぎ感。 乗り場、乗り場っと・・・確認よし!ゲート6オッケー! 乗り場が確認出来たところで、ひとまず売店でお水を買うことに。 はじめ、若い子がレジに立っていたが、 もう一人のレジの気の張った奥さんが 「あーもう遅いわね、アンタちょっとどいてもう!」 みたいに入って、そのレジ係を押しのけてのチェンジングが起きる。 下がった店員さんが不服そうに奥さんを見ていた。 水をカウンターに出すと、 「アンタこれいるの?買うの?」 みたいなことを言われる。あ~ん!?みたいなノリ。なんやん ほほえみの国タイって誰が言い出したんだろう・・・ ほほえまない国タイ・・・ 経済発展して、日々の忙しさがタイの人から ほほえみとゆとりを奪ってしまったのだろうか・・・? コワイわぁぁ!返して!! そげなこげなでタイとはおさらばで、 いよいよのいよいよです!

The quality of the world's inns in Cambodia is high
カンボジア

カンボジアにある世界の宿のクオリティーは高い・カンボジア・バリ40日間の移住下見の旅

今日はついに主の住み着くタケオを脱出して、他の宿に移る日だ。 きれいな水回りとベットとエアコンが 最低条件の脱出計画なのです。 初アジアの小瑠璃がいるので、他の旅行者と交流をもてる日本人宿も 経験してもらいたいのもあるので難しい所だが、 今日は、日本人宿VS世界の宿の審判の日でもある。 実のところ、タケオに来た次の日に一度 国道沿いの日本人宿の偵察に行ったことがある。 その時は、外から中の様子を見て、 トゥクのおっちゃんと喋りながら、 こことグリーンホームはどっちが良い?と聞いてみた。 宿の前にいるので、すぐにここと言うかと思いきや、 ニヤッと笑って、そんなこと言えるわけ無いだろ~。 ここ、ここと後付で言っていたのもあるし、 暇人の嗅覚はここには魅力を見いだせなかったのだが、 朝のチェックアウトの前に、 もう一度一応行ってみようか~?ってことになって、 小瑠璃と突撃してみたのである。 今は便利な時代なのでBOOKING.comなどもあるし、 ホームページでもチェックしていたので、 中の様子はわかっているのだが、 あのサイトは、ホテル側が出しているので いつのものかはわからない写真が掲載されていて、実際とは違う。 タケオの場合全く写真と違った。 カサカサカサカサ。 まずは外から様子を見ると、日本人が何人かいる。 中に入り、横目でチラリ。 んん~。とってつけたようなアジアン服の女と 小太りの男2人が仮想通貨の話をしていた。 話しかける気にもならず、 会釈をして通り過ぎ、カウンターに行ってみる。 雑然としていて、張り紙なども日本語。 んん~。 日本人が奥からでいてきて、一泊いくらかを聞いてみたが、 やはりBOOKING.comと違い一日 17ドルだと言われた。 中をチラミしてみてもここが 17ドル出す価値ちがあるようにも見えないし、 来ている日本人も面白そうにも見えないので、 あっじゃー良いですと断って、 踵を返し宿に戻る途中で、トゥクに話しかけられて、 グリーンホームまでいくら?と聞くと5ドルだと言われたので、 高い!と断って、タケオの近くのまともそうなトゥクのおっちゃんに いくらか聞くと、やはり3ドル。 後で荷物とともにピックアップをお願いして、 宿の人々に挨拶をしようとした時に、 やっと昔の旅人の感じの、良い意味でヨレヨレの人と少し話せた。 そうそう。この壁を作らず、すんなり話せる感じ。 その男の人は、インド移住計画の真っ最中のようで、 今回カンボジアには、国境をまたぐ、お金の出し入れがスムーズで 利便性が高いCAMBODIAバンクを作りにインドから来たようだ。 日本が限界なのは共通していていた考え。 インドは、 現在のCAMBODIAのように、外資一色なのかと? インド人は積極的に国外に進出ているのか? 街は急速に発展しているのか?を聞いてみた。 インド人はやはり賢いようで、経済発展に比べ 急速に街を近代化していないようで、 自国の産業の発展に力と時間を使っているようだ。 やはり一番賢いのはインド人なのかもしれない。 外資は発展途上国が、技術と投資を呼び込み、 外貨を獲得するには通らなくてはならない道なのだが、 (残念なことだが、今日本も国主導のホテルを外資に発注し、 外国人を呼び込もうとしているのも発展途上国のやり方だ。) そのやり方をお金にだけ焦点をあわせると、 現在のように、 土地と資源と労働力を外資のどこかの国に奪われる有様になる。 発展しているように見えるが、 現地の人々の生活や物価はあまり上がっていないのは、 土地と資源と労働力の対価のお金が海外に流れてしまうためだ。 発展途上国に一番足りない、 自国の産業をインドは伸ばそうとしているようなのだ。 俄然インドに興味が湧いてきた。ビザも比較的取りやすく、 彼はCAMBODIAbanksの5%の金利をいかして、 インドの移住を考えているようだ。...

What is realistic is that Quote photo @ Chanel
free man writing

What is realistic is that Quote photo @ Chanel

Quotes Photos Chanel Quotes What is realistic is thatI have no dream at all.I want to dream Dream isIt is not to imagine a paradise that does not exist anywhere. in realityJust to endure hard,It’s not a place to give up. The dream isNot the opposite of reality. Living a dream is stupid,Living in realityNot a smart choice for adults. The dream isYou see it in reality.In other wordsIdeal orThe goalIt’s just an unprecedented road....

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE
Cambodia

If you get sweat rash in Cambodia and Bali CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE

Cambodia and Bali are hot and humid.While always sweating,If you are walking with sandals, you will rub and get sweaty.On this trip, I also had sweat rash on Koruri,It was sober and it seemed tough if it hurt.Muhi didn’t work,Because it is not sold everywhere,Write down the location. If you get sweat rash in Bali and Cambodia,CALAMINE ZINC OXIDE DIPHENHYDRAMINE. Even if you apply muhi, it will not even itch,Even if you try baby powder...

The urge to travel is、、Quote photo
free man writing

The urge to travel is、、Quote photo

Replier Agnes Quotes Photos The urge to travel isOne of the hopeful symptoms of life The earth is beautiful.There are countless new worlds yet to be seen.Countless different values, cultures and ways of thinkingA world full of mysteries. Travel is what we have accumulatedThrow it away,The best way to rebuild. In the unknown world, your common sense cannot be communicated.By going to the territory where the power that you have applied can not communicate,What you...

Farewell we lost the light、Quote photo
free man writing

Like a soft hill、、Quote photo

Kissel・Like a soft hill Farewell we lost the lightI dreamLike a soft hillGo with you beyond the point you point Is it the wave of lifeActive period and stagnation periodIt’s obviousThan during the active periodThe stagnation period is longer. What was visible during the active periodLose power,Like a hibernating animalDrop metabolism,Spend quietly with minimal energy. Important time leading to the active periodIn the whirlpoolLight does not reach muchI feel like I am in a dark...

True ignorance and conscientious stupidity, a quote photo
free man writing

True ignorance and conscientious stupidity,Quote photo

Martin Luther King quotes True ignorance and conscientious stupidity,Nothing is dangerous in this world What is happening between humans isWhether it ’s environmental protection or organicWhether it ’s veganWhether it ’s folk medicineWhether it ’s about warmingWhat the world of capitalism can reach nowIt’s about money and politics. Not interested in economic and political flows,As something unrelated to youLiving human beingsThere is no judgment,I don’t have the ability to think. as a result,The easiest and...

Being a human being is a quote photo
free man writing

Being a human being is a quote photo

Saint-Exupéry quote Being a human is very responsible.In front of misery that has nothing to do with meTo know shame. We can show miserable news every day.Passing the sigh, miserable and ugly news. Some areThan human lifeEnd to responsibility transfer,Some areBecause of a virusEveryday depressionI hit people who only have different skin colors,Some areFor small changeScattering news that incites confusion,Some areUsing human misfortune as an attack material,Some areRan to buy and resell,Some areThink only about...

The only thing that can free humans is Quote photo
free man writing

The only thing that can free humans is Quote photo

Quote of Tolstoy Only human reason can make human freedom.Human life isThe more you lose, the more you become crippled. The coronavirus triggeredreveal one’s true character A country that prioritizes money over human life.When people are in trouble,A hungry ghost for resale of masks. Forget helping each other,A family that devours the weak. Misled by superstition,Ignorance that kills even the weaker. Virus triggeredBy skin colorA hypocrite who is openly discriminating. A society that has fallen...

You always lose in calm. You are always hostile in the wild. So discard those two Take the middle path
free man writing

You always lose in calm.Quote photo

Indian proverb You always lose in calm.You are always hostile in the wild.So discard those twoTake the middle path The world is made up ofWhite or black?Right or wrong?Not in such a narrow world,Countless points with laws. When climbing a mountain,As the goal is to climb to the top early,A steep and short climbing courseSuppose you have a slow, long climb. If your goal is to climb fast,I climb a steep course,When you reach the...

You don't have to be yourself.Quote photo
free man writing

You don’t have to be yourself.Quote photo

TARO OKAMOTO Quote You don’t have to be yourself.Rather, think of a way to live like a human. Even if you try to pursue your ownIn a world where others other than yourself liveIt is very difficult to catch yourself. In a sense,Only in complete loneliness unaffectedYou may be caught. More important than finding yourself isThe world you see at allIn people who think differently,Finding a role. The important thing isComes from my beliefsIt’s like...

Southeast Asian mosquito measures
Cambodia

Validated! How to protect yourself from the mosquito, the most feared enemy in Southeast ...

The scariest enemies across Southeast Asia are: Not hot, ripp-off, security “mosquito“. (There is not much rip-off and the security is not bad either.) Mosquitoes are familiar in the world, A little bit, it ’s like It’s not that cute because it’s noisy at your ears. They carry a troublesome epidemic. Sometimes life-threatening. I will write more later, Malaria, dengue fever, Japanese encephalitis,  Chikungunya and Zika virus. etc. Then, to protect yourself, “If you want...

Even if depression wakes up late at night Quote photo
free man writing

Even if depression wakes up late at night Quote photo

drifter by kirinji Even if depression wakes up late at night Whether you attack like a beast Crow tears prayer Even if it ’s raining on the bullet A journey without a destination Behind freedom and joy I have anxiety. Is it really this way? What I want is Is it really what I want? Relying on the overgrown animal trail, Relying on intuition and smell Like splitting into the mountains. There is always anxiety...

The body depends on the mind, Quote photo
free man writing

The body depends on the mind, Quote photo

Jewish Talmud The body depends on the mind, The heart relies on a wallet. Money is In modern times it is the principle of action of everything. jobs Goal Motivation life shopping Where to go. What can be considered without money is It ’s just a matter of mind, Because heart and life are inseparable, For stability of mind Money is an important factor. Like time, Whether you ’re a money master or a slave,...

Those who can't stir their motivation,Quote photo
free man writing

Those who can’t stir their motivation,Quote photo

Dale Breckenridge Carnegie Quotes Those who can’t stir their motivation, No matter how impressive other talents are, I have no choice but to be mediocre. For those without passion, The soul does not enter. To those without soul, There is no power to move the heart. Just the beauty of the look, I got bored quickly, Eventually thrown away. Same for humans, A person without passion or belief, It’s the same if you’re not alive....

The more you stick to yourself,Quote photo
free man writing

The more attached to the self, the more the saying photo

Michael Ende’s Proverbs The More You Stick to Yourself The more you lose your true self. The More You Lose Yourself, The More You Become Yourself Even if I say that i’m made by others I don’t think it’s too much. Praise, that was done, I’m good at it, but I don’t like it very much. I’m not good at it, What you like. To the image of oneself When you try to match yourself...

error: Content is protected !!