革作家が教える・レザーバックの傷やへこみを直す方法

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
ブログ

相方の小瑠璃が買った、ヴィンテージのサルヴァトーレ
フェラガモのバックが、
想以上に革の凹みによる型くずれ、シワ、傷、
そして、
持ち手の深刻な傷が目立ったので、
急遽修理しました。
人の本業は革小物の制作なので、作りの良いバックの
修理は面白いものでた。

暇人の専門はタンニン鞣しなのですが、
フェラガモのクロムなめしのバックの質感は
タンニンなめしの質感にも似る、
最近ではあまりお目にかかれない

上質なもので、作りも美しいものだったので、
今回の修理方法が功を奏したのかもしれません。
靴の修理や、磨き方を応用して、
シワや凹みや傷はかなり目立たなくなり、
美しいバックに生き返りました。

回は、持ちての修理、革の凹みや傷やシワの
直し方について書いていこうと思います。

手入れについても書いてゆきますので、
参考にされると、かなりお役にたつものになると思います。
革靴や革小物にも応用可能なものです。
※タンニンなめしの染料染めの場合は、
少し方法が変わります。

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

用意するもの

1・靴墨
(革の色に近いもの・ワントーン深い色が最適です。)
今回のフェラガモのは茶色でしたが、ボルドーにしました。
2・豚毛ブラシ(クリームを塗る用)
3・馬毛ブラシ(磨き用)
4・ネル生地or綿100%の布
5・スチームアイロン
6・タオル
7・ステインリムーバー
8・靴クリーム(クリア)(←タピールを使用)


持ち手修復用
ヌメ革・糸・針・ボンド

注意すること

●靴墨は目立たないところで、
色の入り具合をチェックする。
●スチームアイロンも目立たないところで、
変形がないかチェックする。

(革によっては、極度に変形の恐れアリ
靴墨は色がのる革の染色か
顔料仕上げのものは入らない場合があります。)
くまで参考例ですので、
革の状態革の種類によって以下の方法が
効果をなさない場合や、
最悪使えなくなることもあることを覚悟して
お試しください。
革の種類や仕上げなどがわからない場合は、
バックの修理屋さんや、
革のことがわかる(東急ハンズなど)に
聞いてから試したほうが良いと思います。
回の革は、牛革クロムなめし染料仕上げ
ものと思われます。

修理前の状態

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

中央と両側が大きく凹み
型くずを起こし、そこに深いシワが入っており、
オイル不足の革のひび割れ
深いキズや小傷が多く見られる状態です。

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

持ち手は、ギボシを外したところ、
革の一部が欠損しており、
そこから革が裂け、ショルダー紐が取れかけていました。

1・ブラッシング・ステインリムーバー

仕上げ用の馬毛ブラシで、
埃を徹底的にとります
埃を落とさずステインリムーバーを使うと、
汚れが埃とともに残る場合があります。


2・ステインリムーバーを布に少しとり、
全体に手早く塗り込んでゆき、

違う布で素早く乾拭きします。
(局地的に塗ると色ムラの原因になります。)
目立たないところでまずはチェックすることを
忘れずに。)

2・内側からから撫でるように押してみる

内側から撫でるように押すことで、今回の革は、
ある程度シワが伸び凹みが改善しました。
(写真をとり忘れました)

3・タオルを形に合わせ、キツめに詰める

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

次の工程のアイロンがけと、
革磨きのために革を伸ばし
型崩れを防ぐために
キツめに形に合わせて
タオルを複数詰めます。

4・スチームアイロンをかける

革は水で濡らし熱を加えると
形状が変化し
乾くと
その形を保つ特性があります

タンニンなめしやコンビなめしのコバ(革の断面)を
磨くと木のように固く磨き上げることができるのは
そのためです。
イロンの温度は、低温から中温
タオルを2重にあて革の様子を見ながら
スチームを出しながら
アイロンをあて、革のシワを伸ばし、形を整えてゆきます。
立たないところで、まずは試すことと、
タオルをシューズキーパーのように
しっかり詰めておくことが必要
です。

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

大きな凹みはかなり改善され
シワもかなり浅くなりました

5・持ちての修理

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

ギボシ部分の革が欠損し、
そこから、革が裂け、持ち手が千切れそうな状態です。

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

ヌメ革を丸く切り、ギボシが入る穴を開けて、
金具を避けて
縫えばこのようになります。
表面の革を縫い合わせても
革の強度が弱いため、革をたし
貫通させて縫うことで、
強度を出しました。

6・靴墨を塗る

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

目立たないところで、色の入り具合をためし
布や手に靴墨を少量とり、
全体手早く塗り込みます
シワの部分や凹みがある部分は、
叩くように靴墨を入れてゆきます。
2・別の布で、磨くようにスピーディーに、丹念
磨きます。

3・豚毛ブラシで、磨き込んでゆきます。
特にファスナー周りや、角の部分
段差部分などは、丹念に磨き込んでゆきます。
3・掌でスピーディーに摩擦をかけるように、
塗り込んでゆきます。
4・更にネル生地などで磨き込んでゆきます。
(布に靴墨の色が移らなくなるまで

 

7・保革クリームを塗る

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

掌に少量クリームをとり、
磨きこむようにスピーディー
塗り込んでゆきます。
2・ネル生地などで、
余分なクリームを残さないように、
磨き込んでゆきます。
3・仕上げに、馬毛ブラシを丹念にかければ、
以下のような状態になりました。

Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag
Leather artist teaches how to repair scratches and dents on the leather bag

靴にも応用できますので、諦める前に試してみてください。
お役に立てれば、幸いです。

暇人

21,224 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!