GR IIIセンサーにゴミが入る問題の解決策・雨にも強くなる

Solution to the problem of dust entering the GR III sensor - Resistant to rain
旅の準備

GR IIIの描き出す世界は素晴らしいものです。
世界は等価交換でできているのか、
GRIIIには、ストリートスナップのカメラとしての欠点が、
バッテリー充電器が付属しないことや、
AF以外にもあります

れが防塵防滴仕様ではないため、
センサーにゴミが入る問題です。
センサーにゴミが入るということは、海や砂漠ではが。。。
雨や雪ではが入り込むということです。
ちらもデジタルカメラにおいては、致命傷です。
さらに、高級コンデジは、修理費も高級です。
は海の近くに住んでいるので、
海に行くことが多いです。
一応3年間の修理保証に入っているので、
最悪砂や雨で壊れても修理してもらえますが、

修理の間GR IIIが手元から離れるのが辛いので、
ニオ負けずにも、海のにもにも負けぬ

丈夫なGR IIIを目指し、ドレスアップしました。
写性を重視するため、レンズカバーはつけず
ガードレンズに指紋や埃があまりつかないようにしました。

の代わり厚みは6.7cmほどになりますので、
コンパクトですがコートのポケットには入りますが、
パンツのポケットには入らなくなりますので、

GR III用にバックを制作しました。
バック以外の総額6000円ほどで丈夫なGR IIIになります。

Solution to the problem of dust entering the GR III sensor - Resistant to rain

マルミ marumi DHG スーパーレンズプロテクト 49mm 黒枠 49mm DHG スーパーレンズプロテクト

一眼レフ時代から、フィルターはmarumiを使っています。
1万円前後のものも買ったことがありますが、
そこまで違いは私にはわかりませんでした。
明度と撥水による埃や汚れがつきにくい
コーティング以外
には、

傷に強いか?薄さ反射率くらいかと思いますので、
GR IIIの場合、49mmの3千円前後のものを
買えばいいいかと思います。

Solution to the problem of dust entering the GR III sensor - Resistant to rain

NiSi 角型フィルター RICOH GR III レンズアダプター

純性のプラスチック感と形が好みではないので、
アルミのGR III用のレンズアダプターを買いました。

ンデジの長所でもあり、
弱点でもある沈胴式レンズの起動時や終了時に
水滴や砂や埃を一緒に吸い込んでしまうことを
かなり防げると思います。(完全には防げません。)

NDフィルターや49mmのフィルターなども装着でき、
けられることもないので、買っておいて損なしです。
ロック構造なしでも外れたことはありません。
nisiのロゴなどはやっぱりない方がいいんですが、、、。
日本製品はロゴやフォントがダサいので、
もっとこだわって欲しいです。
ロゴマークだけか無が理想です。
数字や仕様なども製品に印字しなくてもいいと思います。
せめて、見えない内側にして欲しいところです。

八仙堂】 広角レンズ用フード ねじ込み式 黒色 (49mm, 黒色)

厚みもそこまで出ず(12mm)形も良く、質感もアルミなので
気にっています。
印字も49mmだけなので、いい感じです。
レンズカバーも装着可能です。

を言うと、Wとフォントの間の文字間隔やフォントに
力を入れていただけるともっと美しくなると思います。
5、6千円くらいになってもいいので、ビンテージな雰囲気のものや、
幾何学や艶消しの黒やシルバーなんかも作って欲しいです。

Solution to the problem of dust entering the GR III sensor - Resistant to rain

アダプター、ガードレンズ、レンズフードだけでは、
完全に防塵防滴仕様になるわけではないので、
それに合わせたストリートフォト用の速写バックを
Many CHOICEで試作中です。

現在も使用していますが完全体ではないので、改良中です。
GRIIIやコンデジミラーレス用の
カメラリストストラップは現在販売中です。

Solution to the problem of dust entering the GR III sensor - Resistant to rain

完全に安心というわけではないですが、小雨や海や砂漠、
雪などの環境ではあるのとないのとでは大違いです。

イメージセンサークリーニングがつきましたが、
カメラ内部に埃や水滴の混入を防げる防塵防滴仕様でないと
StreetSnapや旅先では、かなり気を使うカメラです。
足ですが、GR IIIを買う場合、本体の値段だけではなく
今回のセンサーゴミ対策やバッテリーなどの
付属品や3年保証をつけると、+3万円前後はかかります
次回の記事で、付属品について買いてゆきます。
てのかかるカメラですが、
GRIIIが描き出す世界は美しいです。

暇人

152,275 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!