東南アジアのスコールには、レインコートではなく、レインポンチョをススメル理由。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall
インドネシアとバリ島

東南アジアのスコールの特徴は、短期にどばーっと降って
やむスコールです。

実際にカンボジアとバリ島40日間(カンボジアの雨期のピーク25日)の
旅での必需品の「レインウェアー」について
まとめていこうと思います。

1・カンボジアの雨期のピーク。

2・なぜ雨期のカンボジアには、
レインポンチョが適しているのか。

東南アジアのスコールには、レインコートではなく、レインポンチョをススメル理8

1・カンボジアの雨期のピーク。

1年は大きく分けて雨季乾季です。
は、11月5月頃

期は、6月10月頃
5月半ば~6月頃は、雨季が始まります


量はひと月200mmを超え
毎日のようにスコールが降ります。

30℃を超える蒸し暑くジメジメした
日本の梅雨をもっと暑くした感じです。

9月10月頃には雨量も多く道路が冠水することも
あります。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

私達がカンボジアに行ったのも9月の雨季ピーク時で、
カンボジア25日の滞在の間雨が降らなかった日は
ほんの数日です。

朝起きて、ご飯を食べに行くときも、買い物に行くときも、
遺跡に観光に行くときも、カフェに行くときも。

自炊ができないので、夜もです。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

脇道にそれると、地面が土なので、 こんな具合です。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

いつも、10kmぐらい歩いていましたが、
登山用のポンチョライトレッキングシューズ
持っていっていたので、
すぐに慣れました。


 

Asia climbing wear selection

登山ウェアーと靴について詳しくは、

こちらも、合わせて見てみてください。

2・なぜ雨期のカンボジアには、 レインポンチョが適しているのか。

1・脱ぎ着が素早く簡単。

上下ジャケットズボン別れている
レインウェアーは、完全に水を防げる反面
降ったりやんだりが頻繁な東南アジアのスコールでは、
脱ぎ着がとても面倒なんです。

ポンチョの場合、さっと取り出せてさっと脱げます。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

そして、ポンチョは、
荷物の上からでも
バックを降ろさずに着られます

カメラの撮影や、遺跡クルーズなどの時には、特に重要です。

 

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

2・コンパクトにたため、バックに吊り下げられる。

雨のたびに、バックをおろして
レインウェア上下をだして、それぞれ着る間に
びしょ濡れになります。

しまう時も、濡れたレインウェアー
バックに戻すと、当然中がべしょべしょになります

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

写真のようにバックに吊り下げておき、(カラビナを付けると更に便利)
さっと取り出し、さっと濡れたものを戻すと、
バックの中は濡れません

そして、コンパクトにたためるので、かさばらないし、
バックの中の容量もとりません


 

コンパクトさと防水性能がほしいなら、登山ウェアーです。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

地でも安く、日本の100均などでも
レインポンチョは売っていると思いますが、
たんだ時のコンパクトさ乾きの良さ防水性能
かなり違います

いビニール製だと水は染み込んでくるは、
破れやすいわで、
風邪なんてひいたら、余計高くつくし、
せっかくの旅行も台無しです。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall

普段も使えるので、レインウェアーも良いものを買うことを
おすすめします。

レインウェアー次第で、雨期の東南アジアも楽しくなりますよ。

暇人

10,680 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!