バリ島の地元セレモニーに呼んでもらうために必要なこと後編

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
インドネシアとバリ島
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

猿たちの暴食の楽園を後にすると、
美しい住宅街へと出る。
蓮が咲き乱れ、空は晴れ渡り、
バリ建築が自然と調和している。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

すると1台のバイクにバリ正装をした人が乗っているのが
目に入った。

いにも我らには予定はない。
何となしに正装をした人々がバイクで向かう方向へと
ムラリー(散歩)

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

郊外に出ると昔のウブドの生活と、美しい静寂がある。
昔はなかったスパやヨガや、
リゾートホテルなどはできているものの、
バリ島がそうさせるのか、
けばけばしい建物はなく、不思議と場所と調和している。
覚えのある場所。
バロンが鎮座する大きな樹のところで、
写真を撮っていると、車の中から声をかけられ、
そこでセレモニーがやっているから、
行ったらいいと薦められた。

「言っていいの?」「もちろん」
おそるおそる小瑠璃とともに、
言われた方向へと向かうと、
正装している人々を見つけた。
の途中には、サラスヴァティー(弁財天)さんがいて、
行っておいでと肩を押してくれる。
日我らは、モンキーフォレストの寺院に入るために、
正装している。

レモニーの時は、白か黄色のサルーン(サロン)や
上着が必要なのである。

それに加えて、男は鉢巻と2重にサルーンが必要だ。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

途中華やかなサルーンに身を包む
女性たちと挨拶をしながら、入り口方に行ってみる。
れ渡る空の下、
階段やガネーシャに
マリーゴールドが華やかに色をそえている。

てさて、何と言って参加すればいいのかわからないので、
とりあえず美しい階段を登り、
美しい中庭を通ると、
みんな華やかに正装している美しすぎる光景が、
目に飛び込んでくる。
左手にはガムラン。
人の男性が声をかけてくれて、
本当に違和感もなしに、
さあこちらにと招き入れてくれて、
中央の席に座らせてくれた。
然やってきた謎の外国人を見るような目は皆無で、
みんなそれぞれ話したり、スマートフォンをいじったりして過ごしている。
前にインドネシア人しかいない
夜通しの村祭りや、ワールドカイトフェスティバルに
連れてってもらい、

ジャンベを叩きまくっていたときも、
好奇な目を向けられることもなく、

みんな笑顔で話してくれるし、
カメラを向けると、満面の笑みを
老若男女返してくれるのが、

バリ島のとびっきり素晴らしいところなのだ。
回も、それは何も変わらず、
みんな笑顔で挨拶を返してくれるし、
なんでサルーン着てるの?などと聞く人もいない。
インドネシア人の懐の深さと人の良さには
本当に敬服するし、

なぜにこんな人間になれるのかを知りたいと思う。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

るとさっきの男性が当たり前のように、
豪華なバリ料理のお弁当を当然のようにくれる。

それはどれもこれもとても美味しくて、
ワルンで食べる美味しさとは一味違う。
ナスカリ!めっちゃうまいというと、
ちょっと疑わしそうに本当に?みたいな顔をして
笑顔を返してくれる。

と15分程したら、DANCEが始まるよと
教えてくれたので、

うまい弁当を食べながら、バリ人の作り出す美しい空間や
綺羅びやかな衣装、美しい庭を見ながら待っていると、
前触れもなく、
美しいガムランの音が響き渡る。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

昨日のバリスとは段違いに美しい。
指先からつま先まで。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

穏やかで、厳かで、あまりに美しすぎて、
何度も涙腺がゆるみそうになった。
こんな時間は久しぶりだ。
が人と調和し、信仰と調和し、
寛容さと明るさが確かにここにはある。
にインドネシアの人に聞いたことがる。
「なんでインドネシアの人はいつも笑顔なの?」と
その人はこう言った、
「1番に信仰があって、信仰を大切にしているから、
2番目3番目が大変でも笑える」のだと。
DANCEが終わると、年配の表情の良い年配の方が
話しかけてきて、

次回教えてもらった村にも行ってみたいものだ。
んなに挨拶をして、セレモニーを後にする。
り口付近のところで、
今日の素晴らしいセレモニーを教えてくれた、
おっちゃんがいたので、

本当に美しく素晴らしい時間を過ごせました。
ありがとうと言って、

また美しい世界に戻る。

What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali
What you need to do to get invited to a local ceremony in Bali

もらったお弁当は2重構造で、
下段にも旨いお菓子が満載で、アイスも付いている。

ベンチでもらったお菓子を食べながら、
ハングドラムを叩くと、

美しい時間へと飛んでゆく。
セレモニーから出てきた人も笑顔を向けてくれる。

横ではサッカーコートで遊ぶ子どもたち。
リードのされていない犬。
何とシャンティーな世界。
贅沢過ぎる一日。

暇人

21,224 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!