シェムリアップの台所。地元マーケットphsar leu

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
カンボジア
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

今日は文句なしの1番の晴れ模様。
雨の中を長く歩きすぎたせいか
原色の世界が目に眩しい。
昨日見つけた宿兼食堂にパンケーキ(2,5ドル)と
coffee(0,5ドル)を求めて歩く。
の食堂のパンケーキは、
練乳がかかっている変わり種で、なれてくると意外にいける。
雰囲気もいいし、食堂の人も感じが良いしゆっくり出来る。
外はものすごい陽射しで晴れ渡り気持ちがいい。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

カンボジア滞在も残り僅かなので、
ランゲージスクールを探しにハイスクールストリートへ。
評判がいいオーストラリア資本のACEに入ってみる。
小さな子供もいて、受付のお姉さんの英語も綺麗。
内しようか?と当然効かれたが、最初に値段を知りたかったし、
いきなり案内されても、
今回の旅で行くこともできないので、
パンフレットなどを見せてもらう。
やはり結構授業料が高いことを確認できた。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

1ヶ月800ドル以上の授業料と教材代と滞在費が別でかかる。
結構高いので一時退散。
やはり留学はお金がかかるが、
日本人勢力も期待できない状況では、
英語が更にできないと情報収集さえままならない。
うーむ。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

学校を出ると土砂降りの雨になっていたので、
初日に行ったスクールストーリーと沿いにあるメガネカフェ
(Mr.ブラウンカフェ)へと逃げ込む。
て?こんな高かったか?
前に来た時の値段の2倍ぐらいになっている。
日本とあまり変わらないぐらいの強気な値段になっているが、
この立地では危ういんじゃないか?
などと話していると、
店員さんが話しかけてきて、

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

何故か覚えていてくれたのか、
パーカ風のしっかりしたボールペンをくれるというので、
何でくれるの?と聞いてみると
何周年かの記念で作ったものだという。
ぐるとこのものすごい値段では人が来ないので、
長くいる我らのような外国人を常連にしたいのではないかと思ったが、
この値段と立地では、正直他のカフェに行くだろうなと思いながら、
ありがたく思い出の品をもらった。
雨が止むまで作戦会議。今後の人生の。

Reasons to recommend rain poncho for Asia squall
Is Cambodia developing? It depends on here to be taken.

スクールストリートの裏は、
インタナショナルスクールやアメリカンスクールなどの学校だらけで、
カンボジアの新星たちで溢れかえり活気で満ちている。
んな風景を見ていると
何時の日かカンボジア人中心の国になっていくのも
夢ではない気がするぐらい、エネルギーに満ち溢れている。
がんばれ~。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

カンボジアのガソリンスタンドは進化を遂げていて、
トイレもピカピカでオフィスなども併設しているところもあって、
店内はコンビニと化している。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

エアコンも効いていて、椅子やテーブルなどがあって、
店内で買ったものを食べたり飲んだりも出来る。
このガソリンスタンドのシステムは日本でもできそうだが、
内装費はかなり掛かりそうだから無理か、、、。
居心地はとてもいい。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

灼熱の太陽の中、国道線をひたすら歩く。
汗がものすごいが空が綺麗で雲がバカでかい。
我らの目的地は、地元の人々のマーケットphsar leuだ。

Cambodia inventory list complete version

さすが地元マーケット!カンボジアの人々でごった返している。
外は食料品市場がぐるっと囲み、
中は日用品など何でも売っている。
プノンペンのオルセーマーケットのようだ。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

日用品コーナーは人がまだ少ないが、
女性用のアクセサリーなどを売っているコーナーは、すし詰め状態だ。
瑠璃は謎のバナナクリップをひたすら物色して、お気に入りの
バナナクリップを交渉の末ゲットした。
1つ1ドルで他のマーケットよりも激安。

先日日本で同じものが1800円で売っていたと嬉しそうに言っていた。
仕入元でもあるこのマーケットは、
やはりオルセーマーケットに似ている。
人は買うものはなかった。
マーケット内のトイレはあまり綺麗ではないので、
近くのアマゾンカフェなどを利用したほうが良い。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

肉、魚、フルーツ、スパイス、野菜など何でも手に入る。
そしてどれも新鮮で、肉はピンク。
ので異臭もしなければ、虫などもとんでいない。
こちらで自炊ができれば、新鮮な食材で料理ができるだろう。
んなバイクでお買い物をするのは、
何ともカンボジアらしい。
10数年前のマーケットはこんなに新鮮ではなかったし、
衛生面もとても改善されているようだ。

長期滞在や移住組はこのマーケットは外せない。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

さすがの暑さで、これ以上はあるけなさそうなので、
トゥクでラッキーモールまで。(たしか3,4ドルくらいだった)

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu
Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

ラッキーモールの隣の好立地に
前にも行ったリリーがあるので、
そこで遅めのご飯。
味付けが濃いので、少し胃がもたれる。
ガッツリ濃い味が好きな人には良いかもしれない。

Siem Reap kitchen. Local market phsar leu

今日は炎天下に歩きすぎたので、
ラッキーモールで、最高のクッキーとカシューナッツを買って宿に戻る。
何だかなんてことのない一日。
いつもの景色、道、トゥク、川、ボコボコ道、寺、水たまり、野良犬、
野良猫、鶏、トカゲ、雀、コンビニ、モール、食堂、人々の生活、
遊ぶ子供。人が生きている。

日本がなくした何かがまだカンボジアにはある。
離れるとなると少し恋しい景色と時間。

暇人

11,175 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!