狂犬病予防のためのカンボジア犬MAPと危険度

Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention
カンボジア

カンボジアに滞在すること25日。
殆どが徒歩で、シェムリアップ全域、プノンペン、
アンコールワット・プリアカン~タプローム・アンコールトム周辺・
ベンメリア・バンテアイスレイ・クバルスピアンを

歩き尽くしました。
の中ですれ違った犬は、100匹以上になると思います。
カンボジアを訪れる際にとくに気になるのが、伝染病です。
その中でも致死率が100%の狂犬病は特に注意が必要です。
回は、カンボジアにおける

実際の犬の危険度注意すべき場所
などをまとめていこうと思います。

Temple walking course with music in Siem Reap

カンボジアの犬事情

カンボジアには、あらゆるところに犬がいます。
そして、犬には幸いなことにすべてリードなどはしておらず
インドにおける象のようにどこに行くのも自由なので、
飼い主が犬が吠えたり
噛み付いたりするのを制止してくれることはありません
その分本当にのびのびと、犬同士などでも遊んでいて楽しそうです。

Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

カンボジアの犬は凶暴か?

私達は25日の間、カンボジアでは犬に囲まれたり
噛みつかれそうになったことはありません

カンボジアの街中にいる犬は比較的おとなしく
吠えられたことすらありません
ノンペンは交通量なども多いので、思ったよりは犬がいません。
ェムリアップには犬はたくさんいるので、
道を歩いていると結構すれ違うし、

外のカフェや食堂に犬が入ってくることがありましたが、
怖い思いはしませんでした。
しろ可愛いのでなでたり、遊んだりしたいところでしたが
狂犬病の可能性もあるので、遊べないのが残念です。

そうはいっても注意必要。

食べ物を食べながら歩いたりすると犬は寄ってくるし、
突発的に犬がびっくりして噛むなどのこともありますので、
食べ物を犬の近くで食べないのと、
犬の目をひく揺れるものなどをバックなどに付けないことも
重要です。

らはレインポンチョをバックにつけていましたが、
犬の近くを通る時は、
手でおさえていました
して、噛まれた時のために
カンボジアのコンビニなどで売っている
皮膚用の消毒液を持っておく。

噛まれた場合は、
まず噛まれた部分を石鹸と流水で15分以上洗う。
そして、消毒液をドバドバかけて消毒する
そのうえで24時間以内に病院へ行く。)

なので、病院の場所交通手段保険などのことを
頭に入れておくのが重要です。

少し注意がいる場所

アンコールワット

Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

狂犬病を持っているのは犬だけではなく、
コウモリなどにも注意が必要です。
特に猿は犬よりも怖い存在です。
ンコールワットは近年餌付けされている猿がたくさんいるので、
近づかないほうが身のためです。
餌付けされている猿は、人間を恐れず
人間が食べ物を持っていることを知っているので、

ガンガンくるし、攻撃してきたら避けられません。
ンコールワット内がカンボジアで一番危ない感じでした。

プリアカン遺跡入口

Walking around the best archeological sites of Cambodia, Priakan-Taprom.
Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

犬も集まると気が大きくなるので、
結構吠えたり、興奮しているのも見かけました。
リアカン入り口には10数匹以上の犬がいたので、
少し心配なところですが、
現地の少年が遊んでいるので、
刺激しないように通り過ぎれば大丈夫でした


Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

BongSrey Mith Loar Restaurant

Southeast Asia rabies vaccination
Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

カフェとしても食堂としてもおすすめで結構行ったお店ですが、
犬が結構いて、食堂内にも4匹ほどいます。
大人しいかわいい犬たちなので、大丈夫かと思いますが、
犬が苦手な人は避けた方が良いかもしれません
食べていると寄ってきますが、念の為になでたりはしていません。

Cambodian dog MAP and risk for rabies prevention

遺跡内や、カフェ、レストラン、食堂には、犬よりも猫が結構いて、
これがまたかわいいし大人しいですが、
あまり触らずに、なでたりするのも
ぐっとこらえたほうが良いです。
猫用の薄味で体に良さそうなものなどをあげるくらいで、
手を打ちましょう。
ンボジアは比較的危険度は低そうですが、
バリ島は結構ヤバイところもあるので、
そちらはバリ編で。

暇人

17,069 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!