成田空港深夜便・暇人のバリ島・カンボジア40日間移住下見の旅

Narita Airport Midnight Flight
暇人のバリ島・カンボジア40日の旅

成田空港前乗り

準備期間1ヶ月を要した旅行券の手配・持ち物・保険などの
山のような雑務が終わり、旅立つときが来ました。
旅に出ると決めると、一日一日と不要な荷物を捨てていくようで、
心が軽くなり、雲が晴れていくように、希望で満たされてゆきます。
人間から人に戻るように。
は、2019年8月30日の前日。

これから、カンボジアとバリ島40日の移住下見旅行に小瑠璃と
出発するのです。

日のエアアジアのフライトが朝9時15分だったので、
小心な暇人と小瑠璃は、
乗り遅れることを恐れ、
成田空港の前乗りをすることにしました。
田空港の周りは何にもありません。
空港の近くにも、夜を明かせるファミレスはおろか、
漫画喫茶などもありません。

田の近くの駅には、謎の安宿と漫画喫茶などがありましたが、
金曜ということもあり、漫画喫茶もいっぱいだろうし、
無駄金を使いたくなかったので、

昔のように空港で夜を明かすことにしたので、
前日の出発と相成りました。
だ夏の生ぬるい風のなか、
木造の頼り無いアパートにも別れを告げて、
駅にキャリケース一台とリュックとボディーバックの装備で
向かいます。

それぞれ思い思いの目的地へと向かう人々とすれ違いながら、
非日常へと旅立てるちょっとした優越感が抑えようもなく
湧き上がってくるのに気づきます。
の券売機で、楽天のクレジットカードの付帯を発動させるために、
成田空港までの切符をクレジットカードで買いました。

Conditions for using Rakuten credit card and free overseas travel insurance

いつもと同じ駅同じ階段を登る足取りもキャリーバックも
目的地が違うと軽く感じます。
灰色の駅、コンクリート、疲れ無表情な顔を横目にしながら
鈍行列車は進みます。
キャリーバックを持っている人を見かけると
勝手に連帯感を感じながら、
あの人はどこにゆくのだろうと話していると
に成田空港駅付近です。
車窓から見えるのは、乏しい明かり、それがどんどん減ってゆき、
成田空港付近には、お店屋さんの明かりは皆無です。

これぞ世界の玄関口成田国際空港

駅に降り立つとそこは灰色の世界。
薄暗い駅を抜け、改札には
菓子パンなどを売っている
自動販売機が一台お出迎え。
空港入り口には小さな小さな売店が一つ。
さすが空の玄関口成田国際空港。
歓迎ムードは一切なくドンとしています。

買うものもないので、
煙所を探すも案内表示板の先に喫煙所はなく、
警備員の人に聞くもわからないと言われ、
適当に看板を登ると灰色の殺風景な、
いやシンプルな半屋外空間の端っこに灰皿がありました。

先客数人も電子マネーについて話していていたので、興味もわかず、
周りに目を向けると、所在無げな若者が一組いるだけ。
空港の上層階には光はありません。
感嘆のため息一つ。

成田国際空港のスペックと底力

10時を過ぎた、成田国際空港の行動を許される範囲は、
地下と1階と2階です。
それ以上、上は出発時間でないと空きません。
第1ターミナルと第2ターミナルは徒歩圏内でつながっています。
下にはありがたーいことに7イレブンがあります。
いつもと変わらない7イレブンです。
その近くには長椅子とガチャガチャ。
もってマップは見ていたけれども、
そうはいってもなんかあるんでしょ~?と何も持ってきていない愚かな我々は、

腹を満たすために空港をうろつき、うろつき発見できたのは、
2階の吉野家一軒でした。

無いとわかっていても、ウロウロウロウロ、、エスカレーターで
うろつき周り、

やはり、ここには吉野家一軒と7イレブン一軒だけだということを
知ることが出来ました。
感嘆のため息一つ。
ょうがなく、しょうがなく食べた10数年ぶりの
吉野屋で感じたのは、肉はこんなに薄かったっけー?
こんなに肉を薄く切れるもんだなーと思ったことでした。
さすがの技術力です。

Narita Airport Midnight Flight

飯を求めて、さまよい歩くうちに大体の全容は見えています。
両替で唯一やっていた千葉銀行では、小額紙幣がないこと。
他の両替所は全て閉まっていて、ATMだけはある。

成田空港でただで眠れるところはあるのか?

北ウェイティングエリアは、
私達が行ったときには、
一応ありました。(現在それすらもなくなりました。)
のすごく殺風景で、ハリボテのような細道を抜けると
どんよりした雰囲気と無音の空間。
ありがたい畳では、スマホをポチポチ組。
誰も使ってないPCと自動販売機、むき出しのダクト、、、
タコ部屋です。
さすが成田国際空港、空の玄関口です。外国人はいません。

外国人はどこにいるかというと、
椅子です。
椅子は、殆ど連結されているので、横になることは出来ません。
充電スペースは掃除のためなのか、
嫌がらせなのか、テープで入るなと仕切られ、
爆音の掃除機が夜な夜なダラダラと
永遠と眠りを邪魔します。
各所に四角いソファー席があり、
そこでは横になることが出来ます。
我々は、吉野家騒動や北ウェイティングエリア、
両替所などを意味もなくうろついていたので、

いい席は全てハビスです。

Narita Airport Midnight Flight

我が国にも誇るところはあります!
喫煙所がいっぱいあることです。
殆ど、夜な夜な喫煙所と連結椅子を往復することで
夜はふけてゆきました。

空港職員でいつも満員です。
スターノート作りの仕上げをしながら、
小瑠璃とポツポツ話しながら、

仮眠にならない仮眠と喫煙所の往復しかやることはありません。
国人は押しやられ、日本人も押しやられ、
眠りを邪魔され、買うものは無い。
見上げる景色は、謎の日本感もなにもない無機質な天井。

さすが空の玄関口です。
日本にきてくれた外国人が初めて見る日本は、
旅への期待感を高めてくれることでしょう。
我らのように日本から旅立つ日本人も
旅の出発にふさわしい期待感をもって空の玄関口から旅立つことが出来ました。

成田国際空港の夜は無常です。

暇人

17,184 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!