シェムリアップの音楽響く寺散策コース。前編。

Temple walking course with music in Siem Reap
カンボジア
Temple walking course with music in Siem Reap

久しぶりにゆっくりと寝た気がしたが、
結構早い時刻。
窓からは、朝焼けの名残と青空が覗いている。
ベランダに出て、カリンバを鳴らすと
遠くまで音が飛んでいく。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

目の前には半ジャングルが広がる。
見たことがない異国の鳥の住処のようで、
盛んにでたり入ったりを繰り返している。
らが泊まる宿の名前
グリーンホームは、この緑の景色から来ているのだろう。
それにしても植物の生命力が強すぎて、家が飲み込まれていっている。
ケオゲストハウスから見る、
カンボジアの街も気に入っていたけれど、
やっぱり緑のある景色のほうが好みだ。

Temple walking course with music in Siem Reap

我らが泊まるグリーンホームがあるのは、ワットボーストリート。
そのワットボーらしきお寺が見えたので、
行ってみることにする。
日は、ワットボーと
シェムリアップ川の無料で入れるお寺巡りの一日なのだ。
どかで、カンボジアらしく、
気持ちのいいおすすめコース。

Temple walking course with music in Siem Reap

ワットボーは地元のお寺なので、
ひっそりと路地の先にあった。
観光客もチラホラで、ほとんど外国人はいない。
回のカンボジアでは、
アンコール遺跡群などの歴史のあるお寺を見てきたので、
色はなかったのだが、ワットボーには色が塗られている。
元はそうだったのだろう。

Temple walking course with music in Siem Reap

現在は、補修工事のまっさい中の様子で、
色んな所に竹でできた足場があるのだが、
肝心の補修工事をしてる人々は稼働していない。
ワットボーのお寺自体は、
あまりすごいおすすめ的な感じではないが、
庭がきれいなのだ。

Temple walking course with music in Siem Reap

南国の植物と匂いと、
花々。バリ島のイメージでもある、
プルメリアもカンボジアにも咲いている。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

日本のお寺というと、静かで厳かな感じがあってひっそりとしているが、
ンボジアのお寺は、お坊さんと地元の人が話していたり、
地元の人がご飯を食べていたり、子供が遊んでいたりと、
アットホームな感じなのだ。
ムワッとした濃い緑の匂いが立ち込めている。

Temple walking course with music in Siem Reap

奥から音楽が聞こえてくるので、
そちらの方に行ってみると、
睡蓮の鉢にギザギザの葉っぱの睡蓮があってとても綺麗だ。
穏やかな仏像とリンクしている。

Temple walking course with music in Siem Reap

お寺の中で地元の人々が、
カンボジアの楽器を演奏している。
琴と鉄琴の間のような、美しい音だ。
音楽が寺全体に響いていて、
とても明るい空気を作ってくれている。
ットボーは入口にあったところかと思いきや、
いくつものお寺の集合体のようだ。
外に敷地が広く、奥があった。

コチラは歴史があるのか、
無色の石にレリーフが細かく彫ってある。お馴染みの感じ。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

残念ながら、こちらも補修工事の真っ最中らしく、
あまり美しい光景ではないが、
屋根の上に補修のためのトタンがツケてあったり、
石材が置いてあったりと、なかなか面白い。
歴史と現代とトタンと彫刻。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

すごくインパクトのあるお寺ではないが、
街の喧騒から離れ、みどりがいっぱいで、
散歩によるにはとてもいいところだ。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

気持ちのいい朝の散歩ができたので、
そんな時にももちろん、コーヒーだ。
ットボーロードは、他の通りほど
レストランや食堂やcafeなどはないが、その分のんびりできる。
宿の近くにも、赤い祭壇のあるカンボジア食堂の店先に
エスプレッソマシーンがあって、

外でタバコを吸いながら1ドルくらいでコーヒーが飲める。
宿が近いから、フリーワイファイも入る。
ここもみどりがいっぱいで、
外なので街の風景も見れて、面白い。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

coffeeは2人ともアメリカーノを頼んだが、
ここには何回か来たが、
いつもエスプレッソ並みに濃くてうまい。
こで作戦会議を開き、
初日にトゥクのおっちゃんが言っていた、
川沿いのお寺を散策することにした。
んたって、今日は少し太陽がのぼっている貴重な日なのだ。

ワットボーロードをアンコールワット川方面に歩いてゆくと、
大きな交差点があって、そのまま真っすぐ行くと、

シェムリアップ川沿いに3つの大きなお寺がある。
(街でもらえるマップなどにも書いてある。)

Temple walking course with music in Siem Reap

交差点を渡ると、中華系のパン屋さんを発見。
朝は食べていないので、
すかさずにじり寄る。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

色んな謎のパンがあって、
おばちゃんが説明してくれたので、余計迷って、
人は、揚げアンパンみたいなやつ。
小瑠璃は、何故か皮だけのやつを注文。
イ生地みたいな感じで、
特に旨いわけではないけれど、小瑠璃はたまに食べたいという。
小瑠璃みたいに揚げ物にめがない人には、良いのかもしれない。
には、いきなりお金凄くかけましたよー的な免税店が登場。
明らかに中国人客だけをターゲットにした作りで、
ツアーバスで連れてこられた、
ちょっと富裕層風中国人の人々がちらほら入ってゆく。
に入ってみると、場違いなブランド物が並べてあり、
そこを素通りして、なにか買うものがないかと
エスカレーターを登るが、
ブランドもんばかり。いるのは店員だけ。
上階にやっとお土産菓子コーナーがあったが、
ここだけ中国の人々が、
やいのやいの情熱的に買い物をしている。
らかに高く設定してある菓子をものすごく買っている。
さすが家族を大切にする国だ。
かなりボラれているが、知らぬが仏。
売っているのも中国人資本だから、そういうものなのだろう。
きれいなトイレだけを借りて、買うものもないので退散。

Temple walking course with music in Siem Reap

その先は、一気にローカルな感じのおだやかな雰囲気で、
アンコール?トレンサップ?などというトゥクなどもいないし、
とても良い。昔来たカンボジアみたいな光景だ。

Temple walking course with music in Siem Reap

このお寺の名前は、wat po lanka
ここも、ローカルしかいなくて観光客の姿はない。
門を入ったところでは、美しい彫りの壁を作っていた。

Temple walking course with music in Siem Reap

入り口も広くて、バイクなどもバンバンお寺に入ってい行く。
やはりコッチのお寺は、おおらかで南国的だ。

Temple walking course with music in Siem Reap

手書きのカーラに出迎えられ、
お寺に入っゆくと、色合いが美しく、
興味深い壁画が描いてあるお寺がある。
の横には、お坊さんのオレンジの服が干してあるのも、いい感じだ。
ここのお寺は、学校・お坊さんの住む場所・お墓があるのだ。

Temple walking course with music in Siem Reap

観光寺ではない、独自の経年変化が面白い。
青空がときおり見える。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

生活空間とお寺の境がない面白い広がりだ。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

お墓もカラフルで、彫りも細かく美しい。
いろいろな種類の趣向を凝らしたお墓で、
お墓なのにとても綺羅びやかで、死が暗いものではないようだ。

Temple walking course with music in Siem Reap
Temple walking course with music in Siem Reap

wat po lankaも静かでみどりが豊かで、
とても静かな気持ちになれる。
美しい場所なのでおすすめです。

いざ音楽響くお寺へ。
編に続く。

暇人

13,409 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!