声はまだ聞こえる 腹減らして夢を喰う、、格言写真

i-can-still-hear-my-voice-eat-my-dreams-by-reducing-my-stomach-quote-photo
暇人の書き物

ソウルフラワーユニオン・荒れ地にてより

声はまだ聞こえる
腹減らして夢を喰う
ここがどこであっても
風をはらんだ荒れ地だろ

I can still hear my voice
Eat my dreams by reducing my stomach
Wherever this is
It’s a wasteland with wind

日々の生活に追われ
自分の時間を削り
信念を売り
自分の人生を
手放してしまう。


力がなければ、

恐怖に打ち勝たなければ
打算の中で
惰性の中で
自分の人生を
他人に支配される。

平時はそれでも
何とか生きて行けるかもしれない。

しかし、
非常時は違う。

社会の化けの皮が剥がれ
自分の身を守るのに必死になれば、


交換可能な人間は
無慈悲に切り捨てられる。

国は閉園し
助けは来ない。
人間は獣になり
社会は荒れ地になる。

救いがない分
救いがある。
ルールは崩れ去り
理性は薄れ
本能が生き残りを
左右する。

厳しく自由な世界。
目の前の道はなくなり
道は自分で作るしかない
たっぷりあったはずの時間は
凝縮される。

自分の時間を
取り戻す時が来たのだ。


本当の社会での役割を
果たす時が。

荒れ地にて

さやぐ風のむこう 
どしゃぶりのまたむこう
誰もいない荒れ地
名もない道の途中で

星屑に願いを
星の数だけ届けよう

夕暮れの少年は
さよならだけを覚えた

にじむ夢のかけら
三日月に乗って揺れている

どこでもない荒れ地
名もない街のマダンで

声はまだ聞こえる
ハラ減らして夢を喰う
ここがどこであっても
風がはらんだ荒れ地だろ

朝焼けに乾杯を
旅立ちに祝福を

もう一人の君と
出会うその日の為に

さやぐ風のむこう 
どしゃぶりのまたむこう

誰もいない荒れ地
名もない道の途中で

声はまだ聞こえる
ハラ減らして夢を喰う
ここがどこであっても
風がはらんだ荒れ地だろ

アドビストックで写真を販売しています。

良かったら見て頂けると嬉しいです。

暇人

10,673 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!