バリ島到着!空港からクタまでのタクシー料金

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
インドネシアとバリ島
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

いつものことながら、飛行機に乗る日は徹夜。
朝5時にエアポートロードに出て
最後のトゥクトゥクを探す。
日がカンボジア25日間の滞在の最終日だ。
青白い光が、シェムリアップの街を照らす。
朝の5時でも交通量は多い。
すぐにトゥクトゥクを見つけ空港へと向かう。
気のない豪華ホテル群を見ながら、トゥクは風を切る。
途中件建設途中の観覧車が見えた。
こんな町の中心から遠いところに誰が来るというのだろうか?

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

お礼を言ってチップを渡し、トゥクのドライバーと別れ、
空港の入口付近にある喫煙所で一服。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

3時間前に到着して、カウンターへ向かうと、
黄色いインド人のおっちゃんと、
白いインド人のおっちゃん以外
誰もいない。。。

アアジアの搭乗手続き開始は3時間前だが、
当たり前のように誰もいない。
インド人のおっちゃんらも不安そうに
何度もカウンターの方に行ったり来たり。

も一度カウンターの方に行ってみると、
黄色いインド人のおっちゃんが話しかけてきた。

目が透き通っていて、子供のように純粋な表情をたたえる
福の神のような御仁で、この旅であった誰よりも品がある。
何の壁もなく自然に話しかけてくる。

こはエアアジアのカウンター?
そうですよ。3時間前から搭乗手続きが始まるはずなのですが、、と返す。
何日いたの?
25日というと目を見開いて本当に驚いた様子。
それから少し立ち話をして、
おっちゃんは相方の白いおっちゃんのもとへと報告に向かうが、
白いおっちゃんはマイペースで、
ウロウロと歩いている。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

空港には、荷物をまとめるラップマシーンがあって、
複数の荷物をまとめることができる。
残念ながら、荷物の重さを量るマシーンはない。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

待つこと1時間以上。搭乗開始2時間前になって係員がゆーくりと
何食わぬ顔で、やっとおでまし。

黄色いインド人のおっちゃんも
彼らは仕事熱心だねーと皮肉を言う。
彼らは早起きだと返すと、インド人のおっちゃんは優しい笑顔で笑う。
っと荷物検査のところまでゆくと、
なぜか新品の蓋も空いていない水を捨てられた。
あとから来るインド人のおっちゃん達を見ていると、
これは新品だと粘っていたが、
無残に新品の水を我ら同様に捨てられた。
ジェスチャーに愛嬌があって面白い。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

なぜ水を捨てられたのかかがわかった。
水の値段を見てみると、市場価格の4倍。
カンボジアは最後までぼろうとしてくる。
お馴染みのお土産品や菓子などは異様に高いし、買うものはない。
らは、テンプルミニマートで
チョコレートケーキなどを買ってきているので、水だけを渋々買う。

Can you smoke? Airports in Southeast Asia

シェムリアップ空港には、素晴らしいところもある。
喫煙所が搭乗口にもあって、緑があって広いのだ。素晴らしい。
瑠璃のところへ行ってみると、クスクス笑いながら、
さっきの黄色いおっちゃんが、おっちゃんに話しかけてきた人に
私だけに話しかけて、
私の友達にも挨拶しないのはマナーがなっていないと、
何度も強く言っていて、話しかけた人は謝っていたと言うのだ。
情深く、あれだけ穏やかな人だが言うところははっきりと言う。
やっぱりインド人は面白いし、インドに行たくなってきた。

AirAsia complete domination

搭乗口を通り滑走路へと出ると、インド人のおっちゃんは
嬉しそうに写真を撮り、
左手には、バナナを無造作に持っている。
おおーやっぱりインドに行きたい。
行機からシェムリアップの景色を見ながら、別れを告げる。
乗り継ぎのクアラルンプール国際空港に無事到着する。
行機を出る時にインド人のおっちゃん達の方を振り返ると、
満面の笑顔で両手を振って挨拶をしてくれた。
なんてピュアな人たちなのだろう。
きっとおっちゃん達にもいい旅が待っていることだろう。

クアラルンプール国際空港については、
後日帰国の時と合わせて
詳しく書いていきますので、飛ばします。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

10数年ぶりのバリ島。ずっと来たかったバリ島。
空港に着くと人でごった返していて、旅行者の顔には一様に満面の笑顔。
とは違い、1ヶ月の滞在のビザは廃止されたので、
関税申告の書類を途中で書いて、出せば入国できる。
前回は30分ぐらい手荷物検査で、
仕事か?カメラは仕事ようか?などと結構聞かれたが、
今回はスムーズに入国できた。
関を抜けると、ものすごく近代的になったングラライ空港が目の前に。
そして、人、人、人。客引きのTAXI勧誘の波。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

まずは1階に出て右に行ったところにある野外喫煙所へとむかって、
至福の一服。
やっとバリ島に帰ってきた実感が湧く。
外を見ると、まるで別の場所のようにネオンが煌めいている

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

空港には既得権益があって、
長距離で安いプラマバスも空港からは乗れない。
唯一の適正値段メータータクシーのブルーバードも入ってこれないので、
ぼられる通常TAXIを避けて、
り口のゲートを抜けてエアポートタクシー乗り場に向かうと、
プレートがたっていて、値段が書いてあるので、
ここでTAXIに乗るのが一番安い。
段は1人の料金で、×人数分を払いTAXIを呼んでもらう。
宿の住所などを見せられるように用意する
ルピアへ両替しておく
タやクラブ通のレギャンまでは、
我らは2人なので170000ルピア(1200円くらい)。
1万ルピア→70円~80円ぐらいです。
ブドまで305000ルピア(2200円くらい)
ヌール159000ルピア(1120円くらい)
※ここに書いてあるのは最低料金なので、
カウンターで目的地を見せて、
ここまでいくらとちゃんと念押しをしたほうが良いです。
空港から歩く場合は、出口まで600メートル位あり、
ブルーバードTAXIを探さないと、かえって高くつくかもしれないので、
エアポートTAXIのほうが無難です。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

TAXIのお兄ーさんと話しながら
TAXIはクタを目指す。
どこや?ここは?10数年前とは、
まるで違う綺羅びやかすぎる町並みが現れて、
欧米人で溢れかえり、それぞれバリを本当に謳歌しているのがわかる。

兄ーさんに変わったねーと言うと、
そうだろー。別の町みたいだろ?と少し複雑そうに言う。
値段通りの170000ルピアを払い宿を目指す。

応宿のあてはつけてきたけれど、
予約はしていないので、フロントに行くと、
ブッキングドットコムで見た時はダブルルーム1泊12ドルだったのだが、
いくらか聞くとい1泊260000ルピアと言うので、
違うところを探すことにする。
(10数年前は、立地もレギャンの近くでクタの中心街で、
ロスメンは50000ルピアぐらいで泊まれたが、近年は高い。)

に散々歩いていたが、
大通り以外の町並みは変わりすぎていて、
どこを歩いているのかがさっぱりわからない。
2人もガラガラを引きずり、無数に行き交うバイクを避けて、
ぐるぐると街をさまよう。
十分歩いたところで、
地図を見ていると日本語の達者なインドネシア人が話しかけてきてくれて、
宿のところまで、色々話しながら送ってくれた。
前は~というと、もう前とは変わってしまったと言っていた。
面白くていい人だった。
礼を言って、ポピーズ1の通りにあるPuri Agung Homestay
入ると、部屋は空いていて、12万ルピアとネットで見た値段と
同じだったので、とりあえず3泊予約をして部屋に行ってみる。
らまー。
部屋にはエアコンとテレビが付いているが、
あまりきれいではない。
ルームサービスはもちろん無いし、水シャワー。
洗面所はなく、服をかけたりするところもない
シャワールームには石鹸を置く場所だけがある。
みに、シャワールーム兼トイレのドアはちゃんと閉まらない。
昔のアジアの宿だ。
ンボジアで少し良い目の宿に慣れてしまっていたので、少しショック。
のクタの物価ではしょうがない。
前に来た時の5万ルピアで泊まっていたロスメンは、
中庭もあって広々としいた。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

夜飯を探しに外へ出る。
レギャン通りに行ってみると、
通りには見覚えがあるが、どこもかしこも近代化されていて、
この通りに毎日溜まっていたインドネシア人が、
店の中で飲んでいない代わりに、
欧米人がはしゃぎまくっていた。
生を謳歌するように本当にどこも楽しそうで、
生音が溢れ、笑い声や活気、踊り狂う人々を横目に
ワルンを探す。中心街にあったワルンが姿を消しているので、
見覚えのある道を少し歩いて、
路地裏に入るとバクソの店(Warung yoman)
があった。
我ら以外に外国人はいない。
ニュー表もないので、バクソを2つ頼む。
旨い。お久しぶりのバリの味だ。スープにはしっかりと味がついていて、
肉団子も旨い。小瑠璃もが満悦。
にかけてあるテレビでは、満面の笑顔で歌手と一緒に歌う
陽気な番組が流れていた。
いい気分でお会計をすると何と80000ルピア!
は?どう考えても2万ルピアぐらいだと思うが、
着いたばかりで、適正値段の確証がないので、
仕方なく支払う。
(適正値段がわかってから、やはり2万ルピアはしないとわかった)
こはボッタクリの店だ!
我らの着いたばっかりの日本人ですオーラがそうさせたのか。。
このぼったくりの店は下記である。

Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta
Arrival in Bali! Taxi fare from airport to Kuta

気分が悪いので、他のワルンを探そうと、裏路地を抜けると、
ワルンがたくさんある通りにた。
ずっと食べたかった
念願のサテを食べようと、
いくらか聞くと2万ルピアの適正値段だったので頼む。
ュー。炭火焼きで手際よく焼いてくれる。
旨い!流石バリだ、思い出の味だ!
ピーナッツソースとフライドオニオンが絶妙で甘旨いバリの味だ。
生暖かい風に吹かれながら、サテを食べていると、
やっとクタに帰ってきた気がした。
久しぶりに、水のシャワーを浴びて就寝。

暇人

11,157 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!