カンボジア移住に成功する人・失敗する人とその条件

People who succeed / fail in immigrants to Cambodia and their conditions
カンボジア

今回のカンボジア25日間のシェムリアップとプノンペンの
移住下見の旅
で実際に見えた、
お金のこと医療仕事交通買い物衛生治安
日本人コミュニティー
娯楽などの視点から、
ンボジア移住のに向いている人と、
向いていない人について書いていこうと思います。
特に、定年後のロングステイを考えている方にとっては
重要ですので、参考になれば幸いです。

実際にかかるお金について

住居にかかるお金

カンボジアに滞在する場合、
大きく分けてアパートに滞在するか?
ゲストハウスで長期滞在するか?に別れます。

アパートに滞在する場合

カンボジアの家賃相場は、
コンドミニアムの場合
小型で月300ドル~600ドル
大型で月600ドル~2000ドル



セキュリティーなしのワンルームのアパートで80ドル~300ドル
セキュリテイーありのワンルームで400~600ドル



一軒家月600ドル~2000ドル
計算する際は、300ドルかかることを前提に考えたほうが良いです。

具は冷蔵庫ベットチェストなどが付いている
アパートが殆どで、

1ヶ月契約~契約可能で
観光ビザでも・ビジネスビザでも借りられ、即日入居可能です。
契約書は、英語もあるところもあれば、
クメール語だけの物件のところも多いです。
の他にゴミ捨てにかかる数ドルの経費が含まれている物件と
含まれてない物件があります。
れと、エアコンがあるか無いかは、かなり重要です。
れと、ホットシャワーがある物件
水シャワーだけしかでない物件があります。
ない場合は湯沸かし器を自分で買い業者の人に依頼して
設置して貰う必要があります。
均気温30度前後のカンボジアでも、朝夕は水シャワーは結構寒いので、
ホットは必須だと思います。
賃は300ドル前後+ゴミ捨て代です。
期費用にデポジット(保証金家賃1ヶ月分~がかかります。)

Not a Japanese inn, a carefully selected report on cheap accommodation in Cambodia.

詳しくは、厳選安宿の記事を見てもらえば詳しく書いてあります。
像のグリーンホームゲストハウスは、
リビング屋根付きバルコニー寝室があり、
ソファーホットシャワーエアコン付きで、
1週間以上滞在すれば1泊12ドルで、毎日ルームサービスもしてくれます。
光熱費はかかりません。)
冷蔵庫シンクコンロがないので、そこをなんとかすれば
ゲストハウスのほうがいい場合があります

People who succeed / fail in immigrants to Cambodia and their conditions

ネット環境にかかるお金

People who succeed / fail in immigrants to Cambodia and their conditions

物件によっては、Free Wi-Fiの物件もありますが、
スピードは期待できないのと、
セキュリティーの心配があります。
ンターネットは、スマートフォンの場合はSIMカードを買う方法
ソコンの場合はルーターとセットでの契約となります。
本の携帯電話の場合SIMロックがかかっている事が多いので、
販売しているsimカードが使えないので、

SIMFleeの携帯電話は必須です。
毎月で5ドル~30ドル前後の通信代がかかる前提で考えます。
ソコンで仕事をする場合は、
1年で120ドルくらいの通信量がかかる前提で考えます。
画像の
OPENNET契約の場合。

光熱費にかかるお金

水道代ガス代は安く
電気代は海外からの輸入などで高いです。
道代は月5ドル前後と安く、
ロパンガス1本25ドル(1人ぐらしで半年ほど)

気代は、エアコンを使うか使わないかで、大きく違います
エアコンを使わない場合は30ドル~60ドルぐらい。
エアコンを1日中つけると、300ドルぐらいくこともあります。
だ、かなりカンボジアは暑いので、
エアコンは快適な生活のために必要で、
特に高齢の場合は必須です。

食事にかかるお金

事は、自炊か?外食か?に別れます。
元のマーケットについては上の記事を見てください。
米は1kgあたり、1ドルほど。
豚肉1kg・4ドル
卵10個・1ドル前後
葉物1kg・1ドル前後
水500ml・25セントほど。

外国人向けスーパーはもっと高いです。

外食の場合、超地元向けの食堂で1ドル
比較的きれいで旨い食堂は2.5ドル前後です。

コーヒーが1,5ドル~3ドルぐらいで、
ンなどが1個1ドル前後なので、
3ドルがだいたいかかる値段です。

VISAにかかるお金

長期滞在のためのVISAには主に2種類あります。
働きたい場合はビジネスVISA
後のロングステイで、55歳以上で年金などの収入があり、
働かない場合のリタイヤメントVISAです。

VISA代行会社に頼みます
ビジネスVISAの場合、1年300ドル前後です。
ビジネスVISAの場合ワークパーミット(労働許可書)の
取得も必須
になりましたので、

代行の値段40ドルで、合計340ドル前後かかります。
タイヤメントVISAの場合は、1年300ドル前後
申請書類の代行が、20ドル
合計320ドル前後かかります。

医療費と保険

外国人向けの病院とても高額です。
健康保険でなれている私達日本人では、信じられないくらいです。
(カンボジアで、盲腸の手術
およそ
80万円前後くらいかかるそうです。)
療機関が進歩したとはいえ、大きな病気やその国では、
対応できないくらいの手術などは、
タイバンコクやシンガポールへと搬送になる場合があります。
その搬送費ももちろん高額です。
300万~400万円程かかるので、現地の保険
海外旅行保険などに入っておく必要があります。
本の海外旅行保険に入る場合、年間20万前後かかります。

Goodbye I will come again when I return to Phnom Penh Cambodia.

交通にかかるお金

カンボジアはまだ、横断歩道や信号があるところもまばらで、
基本的に車やバイクの途切れたところで、横断する必要があります。
ェムリアップは慣れれば、比較的交通量は少ないですが、
プノンペンは飛ばし気味の車バイクが
わんさか通りすぎている最中横断する必要があります。
高齢の人には難しく
慣れていないと結構危ない場面もあるので、
トゥクトゥクに乗ることになる人が多いと思います。
ゥクトゥクの市内の片道は2ドル前後
空港まで、4ドル程です。
地元価格で食材が買える市場は中心街から遠く、
結構交通費がかかります。

ある程度快適な暮らしをするためには?

家賃光熱費通信費食費保険VISA代
交通費などなどがかかり、ある程度の生活水準
暮らすためには10万円前後が必要になります。

Fights of travel and local restaurants

食事は合うか?

カンボジアの料理は、そこまでスパイシーではなく
甘めの味付けが多く油っぽさもなく
比較的日本人に合う味付けで美味しいです。
っぱりめなもは、ピクルスや、
米麺のレモングラススープなどもあり、
優しい味なので、そこまで馴染みにくいものはないとは思いますが、
本食レストラン調味料は結構高くて、
西洋の料理も値段は高め(日本と同じくらいの値段)だけれど、
そこまで種類はないので、結構似た味付けのものを
食べることになります。

蚊の対策と衛生

東南アジア全般には、厄介な伝染病があります。
主に蚊による媒介食物による媒介犬や猿などによる媒介
それぞれの対策については、各記事に書いてあります。
各自判断し予防摂取も必要になってきます。

Disastrous defeat in Japan seen at Phnom Penh Aeon Mall

日本人コミュニティーと現地の人と仲良くれるか?

現地で仕事をしている方は比較的現地の人とも
日本地とも知り合う機会があるかお思いますが、

タイヤメントや起業する人やのマドワーカの場合は、
日本人の仲間を探すのが、中々難しそうです
前は日本人宿を中心に長期旅行者やオーナーから、
情報が手に入りましたが、
現在の宿形態と客層は変わり
長期滞在者が減り、日本人同士の情報交換もしづらくなりました

The reason why backpackers have become cultures is in accommodations.

25日の滞在の間、働いている日本人を見たのは、
日本人宿とツアー会社とNPOがやっていそうな
お土産屋とコンサルタント1人とイオンモール内だけです。

長期旅行者も1人だけでした。
ミュニティーらしきものを見たのは、
プノンペンでフリーマガジンにのっている日本人会だけです。
短期旅行者もそこまで人数はいませんでした。
ので、なかなか現地の情報を得たり、
仲間を探すには積極的に動く必要があります
からこそ1番大事なことは、現地のカンボジア人と
仲良くなれるかにかかっています。
そのためには、英語クメール語が必要なので、
余裕があれば、現地でランゲージスクールに行ったり
積極的にカンボジアの人々に話しかける必要があります。

あまりない娯楽と仕事

以前のようにコピーCDなども売っていません。
レンタルショップも劇場もライブなどもあまりありません。
(シェムリアップは無い)
ンボジアで娯楽といえば、
カフェに行ったり、たまに映画館に行ったり、
マーケット行ったり、インターネットをするぐらいです。

登りや海に行ったりもなかなかできません。
何もないところでは、楽器をやったり、人と永遠と話して過ごします。
動的な娯楽は本当にあまりないので、仕事をするか、
カンボジア人の友達を作れれば
充実しますが、
それがなければ、
日本のようにはなかなか行動はできないので、
カンボジア人の友達ができるかが1番重要な分かれ目です。
事に付いては、

日本人の観光客も減り、これから更に減るので、
日本人向けの仕事を探すことや、

日本人向けだけの店を始めるのはおすすめしません
規参入も、カンボジアは中国人の勢力一色状態で、
他の国の外資も壊滅状態なので、
その中で成功するのは相当の戦略がいると思います。

Phnom Penh Reality Boiling With China Money

カンボジア移住に向いている人

治安も比較的良くなり、
カンボジアはVISA要件がゆるく

起業や長期滞在しやすい環境がありますが、
賃金の高騰カンボジアの人を多く雇わなければならないので、
それを克服して起業する人
10万円以上の収入がある人
道路も果敢に横断できる人
衛生面があまり整っていなくとも気にしない人
体が強い人
日本人の文化を求めるのではなく、
カンボジアの文化を受け入れる気持ちが強く、
カンボジアの人と積極的にコミュニケーションをとれる人
カンボジア移住に向いている人だと思います。

暇人

20,566 views

暇人です。 私のモットーは、心に{ヒマ}を持つことです。 心に暇がないと、色々見たり、考えたりするときに 行き詰まります。 今は寸暇を惜しまず考えて、行動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!